松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

無観客にあらず…ライブ動画配信で気のない業務放送するな

公開日: 更新日:

 大相撲無観客大阪場所。お相撲さんは皆それぞれに緊張感があった。理事長の千秋楽最後の挨拶も緊張感と責任感が極まってウルウル感が出ていてまずまずだった。

 一方、まったく勘違い、何考えてたんだバカモノが! と耳を覆いたくなったのが、物言い後の説明放送。

「ただいまの協議について説明します。行司軍配は朝乃山に上がりましたが、朝乃山の肘が先についており、行司差し違えで鶴竜の勝ちとします」

 満員御礼ならもっと声張り上げ、間違えては具合が悪いというんで必死に言葉を探りながら審判部としての決定を説明するであろ~に、無観客なんだから、ま、いいか! とでも思ったかい。まるで駅のホームで時折流す身内向け放送。テンション下げて誰も聞いてないだろうと「10番線ドア開けつくだぁい」とおんなじ、ただの業務連絡だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る