松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

無観客にあらず…ライブ動画配信で気のない業務放送するな

公開日: 更新日:

 大相撲無観客大阪場所。お相撲さんは皆それぞれに緊張感があった。理事長の千秋楽最後の挨拶も緊張感と責任感が極まってウルウル感が出ていてまずまずだった。

 一方、まったく勘違い、何考えてたんだバカモノが! と耳を覆いたくなったのが、物言い後の説明放送。

「ただいまの協議について説明します。行司軍配は朝乃山に上がりましたが、朝乃山の肘が先についており、行司差し違えで鶴竜の勝ちとします」

 満員御礼ならもっと声張り上げ、間違えては具合が悪いというんで必死に言葉を探りながら審判部としての決定を説明するであろ~に、無観客なんだから、ま、いいか! とでも思ったかい。まるで駅のホームで時折流す身内向け放送。テンション下げて誰も聞いてないだろうと「10番線ドア開けつくだぁい」とおんなじ、ただの業務連絡だったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  3. 3

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  4. 4

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  5. 5

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  6. 6

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  7. 7

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  8. 8

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  9. 9

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

  10. 10

    吉村知事がドヤ顔の大阪市「見回り隊」 成果はピント外れ

もっと見る