マラソン2大会中止 東京五輪も年内判断で中止申し出るべき

公開日: 更新日:

 ギャンブルの代償は大きい。

 24日にベルリン(9月27日)とニューヨークシティーマラソン(NYCM、11月1日)の中止が発表された。毎年5万人以上が参加するNYCMの主催者はとくに判断が難しかったはずだ。1970年に始まった大会は、今年が記念すべき50回目。それでも選手や観客、大会スタッフなどの安全と健康を考慮しての判断だった。

 当日を楽しみにしていたランナーからは、「中止の発表が早すぎる」という声もあるようだが、そんなことはない。昨年は141カ国からランナーが集結。参加者は休暇の申請や航空券やホテルの手配もある。大会スタッフの準備にも膨大な費用や時間を要する。大会直前になって「コロナが怖くてできません」というわけにはいかないのだ。

 それは来年に延期された東京五輪も同じだ。五輪の女子マラソンで2大会連続でメダルを獲得した有森裕子は23日、東京五輪の開催可否判断の時期について言及。「年内に判断がつかないなら(五輪は)やめた方がいい。来年の3月まで引っ張ったら選手(の心と体)が持たない」と述べたが、その通りだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る