六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

4日にJ1再開 待ち焦がれたサッカーのある日常…注目は?

公開日: 更新日:

 いよいよ4日にJ1リーグが再開される。

 4日の第2節、8日の第3節は無観客(リモートマッチ)で行われる。長距離移動による感染リスクを避けるため、当面は神奈川以北の10チーム、静岡以南の8チームによるホーム&アウェーで行われる(すでに再開・開幕したJ2とJ3も同様である)。

 どの試合も長距離移動を強いられる札幌の場合は、6月22日から千葉市に完成した日本代表の練習拠点でもあるJFA夢フィールドでキャンプを張っている。千葉市で練習を重ねながら4日の横浜FC戦、8日の鹿島戦、12日の湘南戦、そして18日の仙台戦とアウェー4連戦が待っている。

 最初に2月21~24日に行われた開幕・第1節を振り返っておきたい。

 意外だったのが、前年王者の横浜MがG大阪に1ー2で敗れ、鹿島が広島に0ー3と大敗を喫したことである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    柔道金メダリスト内柴正人さん 第2の人生は“銭湯のオヤジ”

  2. 2

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  5. 5

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

  6. 6

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  7. 7

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    都会に住むとわからない…地方の“新型コロナ差別”の実態

  10. 10

    長谷川博己も沈黙…撮影再開「麒麟がくる」はまるで“通夜”

もっと見る