大坂なおみのフィジカルコーチも…“敏腕”すべて交代のナゼ

公開日: 更新日:

 そして誰もいなくなった。

 6月中旬、大坂なおみ(22=世界ランク10位)のフィジカルトレーナーが、アブドゥル・シラーから中村豊氏に変更された。シラーが大坂から離れたことで、コーチ陣からウィリアムズ姉妹に関わった人たちがひとりもいなくなったのだ。

 かつてのコーチのサーシャ・バインは元セリーナのヒッティングパートナー。そのサーシャに代わって半年あまりコーチを務めたジャーメイン・ジェンキンスはかつて姉ビーナスのヒッティングパートナー。シラーもウィリアムズ姉妹のスタッフだった。

 大坂の父親は姉妹合わせて4大大会シングルスで30勝したウィリアムズ家の教育方針を参考にしてきた。チーム・ウィリアムズの敏腕連中も大坂の才能を高く評価していたからこそ、複数で大坂を支えた。18年全米に続いて19年全豪と、グランドスラムを連勝して世界ランキング1位に躍り出たのは彼らの存在が大きかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る