山口すず夏
著者のコラム一覧
山口すず夏プロゴルファー

2000年8月2日生まれ、神奈川県相模原市出身。160センチ、A型。7歳からゴルフを始め、15年「全米女子オープン」日本地区予選会2位。日本人史上最年少14歳でメジャー出場。18年「豪州女子アマ」で日本人初優勝。同年米女子ツアー最終QT36位資格で出場権を獲得。18歳でプロ転向。米ルーキーイヤーの昨季は賞金ランク150位。2年目の今季は初優勝を目指す。得意クラブはパター。環境ステーション所属。

自粛期間中に取り組んだ練習の成果がどれほど出るか楽しみ

公開日: 更新日:

 ゲンダイ読者のみなさんこんにちは、山口すず夏です。今週から始まるこの連載コラムで米女子ツアーのすごさ、楽しさ、現地で見聞きした驚きなど、たっぷりお伝えしていきます。

 今月5日に成田から出国して、ロサンゼルス経由で今はネバダ州ラスベガスの知人宅に滞在しており、ツアー再開初戦の「LPGAドライブ・オン選手権」(31日開幕・オハイオ州)に向けて最終調整中です。

 私にとって2年目の米女子ツアーは、2月の「ISPSハンダ・ビック・オープン」(39位)、「ISPSハンダ豪州女子オープン」(予選落ち)の2試合に出場しただけで、その後はずっとコロナ禍のため大会中止が続いています。こんなに何カ月も試合がなかったのは、本格的にゴルフを始めてから初めての経験です。3週間後に迫ったツアー再開初戦は、自粛期間中に取り組んだ練習やトレーニングの成果がどれくらい出るのか、とても楽しみです。

 日本に戻って、ここ4カ月間はコースでの練習環境には困らず、家の近くの川沿いを毎日ランニングするのが日課でした。

 昨季スタッツはドライバー飛距離264・27ヤード(39位)、平均パット数28・70(3位)とも納得のいく数字です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    韓国人の予感が的中…誰も驚かなかった日本のコロナ拡大

  2. 2

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  3. 3

    GoTo足かせで宿泊施設増えず…コロナ隔離難民であふれ返る

  4. 4

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  5. 5

    加藤厚労相“指揮権放棄” コロナ禍から逃げまくり表に出ず

  6. 6

    保坂展人・世田谷区長に聞く PCR検査を独自拡大する狙い

  7. 7

    阪神・藤浪と巨人・澤村…先にトレードされるのはどっち?

  8. 8

    惜しむ声多数も…高岡蒼佑「俳優引退報告」なぜ今なのか?

  9. 9

    アベノミクス崩壊…企業の内部留保激増も家計には恩恵なし

  10. 10

    阪神・藤浪が5日先発 ノーコン男に好調巨人打線も戦々恐々

もっと見る