山田隆道
著者のコラム一覧
山田隆道作家

1976年、大阪生まれ。早大卒。「虎がにじんだ夕暮れ」などの小説を執筆する他、プロ野球ファンが高じて「粘着!プロ野球むしかえしニュース」などの野球関連本も多数上梓。各種スポーツ番組のコメンテーターとしても活躍中。

阪神サイドスロー右腕・青柳晃洋は90年代の川尻哲郎かも

公開日: 更新日:

 阪神のサイドスロー右腕・青柳晃洋の調子がいい。今季ここまで3試合に先発し、2勝1敗(1完投)、防御率は1・59だ(13日現在)。

 青柳は2015年ドラフト5位で帝京大から阪神に入団した。大卒で下位指名だから、当初はあまり期待されていなかったはずだ。サイドスローの技巧派ならあわよくばリリーフで使えるかもしれない、くらいの評価だった可能性が高い。

 ところが一軍デビューは1年目の6月と、意外に早かった。しかもいきなり先発に抜擢され、5回1失点で初勝利。その後も先発として起用され続け、4年目の昨季はついに規定投球回数に達したうえで9勝を挙げるなど大躍進を見せた。

■26歳にして「いぶし銀」の風格

 阪神には藤浪晋太郎を筆頭に岩貞祐太や秋山拓巳など、若手から中堅の先発投手が他にも何人かおり、この青柳を彼らと比較すると、誰よりも順調に育っているように見える。しかし、青柳が藤浪のように将来のエースとマスコミに騒がれることは少なく、ましてやエース西を脅かすような存在感を発揮することもない。青柳は立派な先発ローテの一角となった今でもなんとなく脇役感があり、26歳の若さながらいわゆる「いぶし銀」の風格さえ漂わせている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  5. 5

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る