権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

セは開幕守護神4人が剥奪 ストッパー受難はCS中止の重圧

公開日: 更新日:

 抑え受難のシーズン、と言っていいだろう。

 例えば、セ・リーグ。6月19日の開幕時にストッパーを務めていた阪神藤川球児広島のT・スコット、中日岡田俊哉、DeNAの山崎康晃の4人が、不調からその座を剥奪された。なんとか最終回のマウンドに踏みとどまっているヤクルトの石山泰稚にしても、防御率は2・67で「絶対的守護神」と言うには物足りない数字である。

 彼らが背負う重圧の大きさは、このコラムで何度か書いてきた。簡単に言えば、プレーボールから先発投手、リリーフ、野手、そしてベンチが3時間ほどかけて必死に仕込んだ料理を、客前に出す役割。ストッパーで勝ち試合を落とすということは、その料理をテーブルに置く寸前に蹴つまずいて、お盆ごとひっくり返してしまうようなものだ。仲間の仕事を台無しにしてしまうかもしれないという重圧と向き合いながら、何年も結果を出し続けた佐々木主浩、高津臣吾岩瀬仁紀らの凄さが改めてわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

  2. 2

    「麒麟がくる」放送再開も苦戦 関係者が明かす“3つの要因”

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  5. 5

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  6. 6

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    住宅街に巨大な穴…外環道予定ルート“陥没危機地帯”マップ

  9. 9

    再燃する矢野降ろし…岡田氏再登板を後押しする阪神の忖度

  10. 10

    学術会議問題に思う 税金は私たちの物で政権の物ではない

もっと見る