権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

巨人独走許すセ5球団の不甲斐なさ CSは廃止せよと言う理由

公開日: 更新日:

 もし、今年のセ・リーグにクライマックスシリーズ(CS)があったらと思うと、ゾッとする。

 ソフトバンクロッテが熾烈な優勝争いを繰り広げるパ・リーグとは対照的に、首位を独走する巨人と2位中日のゲーム差は実に12・5。3位阪神も14ゲームの大差をつけられている。コロナ禍で中止になっていなかったら、中日や阪神の選手ですら「どのツラを下げてCSに出ればいいんだろう」と複雑な思いを抱いたのではないか。

 2012年の私がそうだった。中日の一軍投手コーチに復帰し、シーズンは2位。ヤクルトとのCS第1ステージを突破して、最終ステージではリーグ優勝した巨人に3連勝で王手をかけた。しかし、シーズンでは巨人に10・5ゲーム差をつけられる惨敗だっただけに、「胸を張って日本シリーズに臨んでいいものか」と自問自答した。

 もちろん、せっかくの敗者復活の機会をムダにはできない。一度は死んだ身、と選手も私も開き直って戦った。それが3連勝という結果になったのだが、4戦目からの3連敗で終戦を迎えた際は、「やはり巨人は強かった」と素直に拍手を送るとともに、ホッとしたのが正直なところだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  6. 6

    原監督が「巨人不利」でも日本S全戦DHを受け入れた胸算用

  7. 7

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

  8. 8

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  9. 9

    小池都知事のご乱心 焦りが透けた支離滅裂のイライラ会見

  10. 10

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

もっと見る