右肩の負傷で棄権…いまの錦織圭に決定的に足りないのは?

公開日: 更新日:

 錦織圭(30・世界ランク36位)が20日、出場予定だったベルギーのヨーロピアン・オープン1回戦を右肩痛で棄権した。

 昨年の右肘手術から復帰しようとしていた矢先にコロナ感染が判明して全米オープンを欠場。9月のジェネラリ・オープンで約1年ぶりにツアー復帰したものの、いきなり負担の大きなクレーコートでの実戦はこたえたようだ。手術した肘をかばったのか、2回戦で敗れた全仏オープンで右肩痛に。

「まだ100%ではないのでやめることにした。炎症だとは思うが、理由が何なのかは分からない」とは本人だ。

 長いブランクがある錦織にとって何より必要なのは実戦経験と、そこから生じる自信。自信がなければサーブやショットをベースラインやサイドラインギリギリに打ち込めない。少しでも多くの実戦を積む必要があるのに、それがかなわない。

 コロナ感染からすっかり歯車の狂った錦織はおはらいでもしてもらった方がいい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  8. 8

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  9. 9

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  10. 10

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

もっと見る