萩野公介が復調気配 瀬戸の失態尻目に賞金レースで荒稼ぎ

公開日: 更新日:

 世界の10チームが参戦する競泳国際リーグ(ISL)は14日(日本時間15日)、今季の日程を発表。大会はハンガリー・ブダペストで、10月から11月にかけて行われ、各チームとも4レースに出場。上位2チームが11月21、22日の決勝に進む。

 ISLは賞金が高額な大会として知られ、今回の賞金総額は605万ドル(約6億4000万円)。チームの優勝賞金とは別に個人にも与えられ、出場4レース全てに優勝、MVP受賞などで、総額約1200万円を手にできる。

 今大会には、日本代表の一員として2016年リオ五輪400メートル個人メドレー金メダルの萩野公介(26)が出場する。かつての日本競泳界のエースも、ここ数年は故障もあって低迷。昨年の日本選手権は体調不良を理由に欠場し、世界選手権(韓国・光州)の代表から外れた。同大会では幼少の頃からライバルとしてしのぎを削ってきた瀬戸大也(26)が個人メドレー2種目(200、400メートル)を制して、東京五輪代表の内定を勝ち取った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  3. 3

    玉突き人事速報 菅野とダルに追い出される田中は西海岸へ

  4. 4

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  5. 5

    安倍氏任意聴取の狙い 特捜部は十八番のウソを見破れるか

  6. 6

    吉川元農相は大臣室で現ナマ疑惑…「鶏卵汚職」何人いる?

  7. 7

    安倍氏の発言に納得 嘘が許されるなら国会自体意味がない

  8. 8

    菅首相はコロナ禍でも朝昼晩「外食フルコース」の贅沢三昧

  9. 9

    新型コロナワクチン接種 日本人の3割が恐れる副反応の実態

  10. 10

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

もっと見る