IOC会長がキャンセル明言 東京五輪中止なら北京はどうなる

公開日: 更新日:

 問題はその先だ。IOC(国際オリンピック委員会)のトーマス・バッハ会長は20日(現地時間)、英BBC放送のインタビューに応じ、東京五輪が来夏に開催できない場合は「中止せざるを得ない」と語った。3月に安倍晋三首相と電話会談した際には「最後のオプション」と伝えられたとも述べた。

 同会長は「アスリートを不確かな状況に置いておけないし、主要競技のスケジュールを毎年変えられない。大会組織委員会は3000人や5000人の職員を永久に雇えない」と、日程、経費の面からも来年以降の延期はないとした。世界的なコロナ禍が終息しなければ、「幻の東京五輪」になりかねない。さらにバッハ会長は、「(東京五輪の)6カ月後には北京五輪(2022年2月開幕)が控えている」と警戒感をあらわにしたように、冬季五輪開催にも影響を及ぼすのは必至だ。

 武漢を発生源とする新型コロナウイルスは中国全土に拡大。コロナは冬場に感染が広がるといわれており、冬季五輪会期中に北京市内がウイルス禍に見舞われ、クラスター(集団感染)を引き起こす可能性もある。東京五輪中止なら、半年後に行われる冬季競技のトップアスリートが中国への入国に及び腰になるのは想像に難くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    抗議デモの最中に…シレッとケーキ泥棒の女の動画が人気に

  2. 2

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  3. 3

    シースルー防護服の下は水着…男性患者には「大きな支援」

  4. 4

    コロナ禍で…世界トップレベルの下着モデルが農村でバイト

  5. 5

    給付金利権の闇 違法団体だったサ推協と経産省疑惑の人物

  6. 6

    京アニ放火犯を救った1000万円の治療費 誰が負担するのか

  7. 7

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  8. 8

    小池都知事の次なる敵は…新宿・歌舞伎町“殲滅”の危うさ

  9. 9

    河野氏の野暮すぎる変節 ブルーインパルス発案明言で露呈

  10. 10

    一人暮らしをする実母の通い介護で毎月赤字&預金減少に…

もっと見る