松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

巨人原監督を「職員マスク手袋」で胴上げするバカバカしさ

公開日: 更新日:

 パ・リーグのソフトバンクが優勝した時、チーム全員が3密を避けて大きな輪になってバンザイした。不自由なシーズンを象徴する光景。リーグの頂点に立った瞬間の歓喜も、感染防止策で控えめ、工藤監督の胴上げを自粛したのだった。

 一方セ・リーグの巨人が優勝した時、テレビの解説者が「え! 胴上げやるんですか?」と言葉をのんだ。歓喜の輪の中央に原監督が入り、実にうれしそうに幾度となく宙を舞った。

 そっか……最後ぐらいは無礼講か。あのトランプだって支援集会のど真ん中でマスクもしないでハグし合ってたしな(感染したけど)。

■選手は遠巻き

「いや心配ご無用。栄光の巨人軍といたしましては、原監督は選手ではなく、マスクに手袋をした球団職員に胴上げさせました。選手は遠巻きに職員の胴上げに合わせてバンザイしただけ。感染防止対策万全! はっはっは!」(以下妄想)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る