新大関正代も左足首痛め休場…原因は「負ける稽古」不足

公開日: 更新日:

 番付が上から順番に4人、いなくなった。

 12日、新大関正代(29)が左足首の靱帯損傷で、休場届を提出。これで白鵬鶴竜の両横綱に加え、朝乃山、正代と大関2人も休場という異常事態だ。

 正代は3日目、高安を突き落とした際、自身も土俵下に落下。左足一本で着地したときに痛めたという。

 大相撲は体重増加の一途をたどり、それに伴ってケガも増えている。そろそろ協会も“デブ化”に歯止めをかける策が必要だろう。

 さらに言えば、稽古の見直しも必要だ。

 相撲評論家の中澤潔氏は、「今の力士は稽古でも勝ちたい、格好よく見せたいと思っているのか、投げられて砂まみれになることを嫌う傾向がある」と言う。

 先輩にぶん投げられ、体中に砂をつけながら、「もう一丁!」と向かっていく。散々に投げられることで、どういった姿勢で転がれば負担が少ないか、体に覚えさせることができるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る