D.ジョンソンがマスターズ初V 20アンダー圧勝に大雨が味方

公開日: 更新日:

【マスターズ】最終日

 史上初、無観客のオーガスタを制したのは世界ランク1位のD・ジョンソン(36)。コースレコードの20アンダーは2位に5打差の圧勝。2016年全米オープン以来のメジャー2勝目となった。

 前半は4番、5番で連続ボギー。同じ最終組で回るイム・ソンジェ(22)に1打差に迫られたが、6番パー3の第1打をピン左上2メートルにつけてバウンスバックに成功。バックナインに入ると13番から3連続バーディー。15番は20アンダーに乗せると右手で小さくガッツポーズ。追ってくるイムとC・スミス(27)を引き離し、グリーンジャケットを手にした。

■「最も勝ちたかった試合」

「マスターズは最も勝ちたかった試合だ。子供の時にマスターズで勝つことを夢見ていた。タイガーにグリーンジャケットを着せてもらうなんて夢のようだ」(ジョンソン)

 3年前は世界ランク1位で優勝候補の筆頭に挙げられていたが、開幕前日にレンタルハウスの階段から滑り落ち腰を強打し、スタート前に棄権。昨年は優勝したウッズに1打差で惜敗。今年は10月にコロナに感染するも、体調を崩すこともなく、前週のヒューストン・オープン2位と調子を上げて現地入り。310ヤード超の安定したドライバーと抜群のパッティングタッチで悲願の優勝を遂げた。

 それにしても、今年はスコアがよく伸びた。大会初日の大雨の影響で「ガラスのグリーン」がソフトになり、初日は53人がアンダーパー(最終日は43人)。G・ノーマンはBBCラジオで「これほどやさしいオーガスタをみたことがない。50人前後がアンダーパーなんて聞いたことがない」と述べていた。マスターズを見慣れているファンにも、少し物足りない大会ではなかったか。

T・ウッズは3度の池ポチャ

 タイガー・ウッズ(44)が12番の池に泣いた。

 第1打はグリーンエッジから手前の小川に入り、打ち直しの第3打がグリーンに乗るが、バックスピンで再びクリークへ。第5打はグリーン奥のバンカーにつかまる。ライが悪く、腰を曲げて打った6打目はまたもや小川の中へ。結局8オン2パットの10。これでズルズルと崩れないのがウッズだ。直後の13番でバーディーを奪い、15番から4ホールもすべてバーディーで締めくくり、通算1アンダー38位だった。

「12番は風を読み間違えた。多くのショットを打って、多くの経験をさせてもらった」(ウッズ)

 昨年の最終日は、同組のF・モリナリ(38)や前組のB・ケプカ(30)が第1打を池に落とし、逆転優勝でパトロンを沸かせた。今年は12番で悲劇が待っていた。ちなみに12番のワースト記録は1980年のT・ワイスコフの13打だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は思考停止か…巨人崖っぷち3連敗招いた不可解采配

  2. 2

    稀勢の里は「激励」止まりも…白鵬と鶴竜が「注意」の理由

  3. 3

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  4. 4

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  5. 5

    世界にたった100台…3.5億円“幻の名車”が一瞬にしてクズに

  6. 6

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  7. 7

    大阪府コロナ死の8割超は重症者にあらず 衝撃の調査結果!

  8. 8

    桑子真帆フリー転身は「嘘八百」紅白と“生涯年収”が裏付け

  9. 9

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  10. 10

    巨人ぶざまな日本S敗退でコーチ粛清…元木&宮本“詰め腹”も

もっと見る