小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

「和歌山の山猿」益田直也は子供っぽいのが欠点だった

公開日: 更新日:

 前回、「石川歩涌井秀章が移籍したことで自覚が出てきた」と書きました。ロッテでいま、抑えをやっている益田直也(31)も同じです。

 和歌山県紀の川市出身で、幼少期は山の中で育った野性児。みんなから「おまえ、和歌山の山猿だろ」といじられていましたが、山育ちだけに足腰は強靱。都会っ子が弱いとは言いませんが、やはり、子供の頃に培った下地は無視できません。

■結果で態度が露骨

 問題は性格でした。僕がロッテのコーチに就任した2015年、益田は大卒4年目で、結婚して子供もいました。しかし、「抑え」というポジションを考えると、まだまだ幼い部分がありました。

 僕もクローザーが長かったのでわかりますが、このポジションは抑えようが打たれようが、どんな時でもマウンド上では顔色ひとつ変えず、試合後も露骨に態度を変えてはいけないのです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

  10. 10

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

もっと見る