小林雅英
著者のコラム一覧
小林雅英元プロ野球投手

1974年5月24日、山梨県大月市生まれ。都留高、日体大、東京ガスから、98年ドラフトでロッテを逆指名し1位入団。2001年から07年まで7年連続20セーブを達成。05年は最多セーブ(29)に輝き、チームの31年ぶりVに貢献した。08、09年はMLBのインディアンスに在籍。その後は巨人、オリックスを経て11年限りで引退。オリックス、ロッテでコーチを歴任し、昨年は女子プロ野球リーグのコーチも務めた。日米通算530試合で40勝39敗、234セーブ、防御率3・14。

ネガティブで粘り強さがなかった石川歩が変わったきっかけ

公開日: 更新日:

 昨年の契約更改で、ロッテ石川歩が球団にメジャー挑戦したいと訴えました。

 実際、どうなるかはわかりませんが、僕は「あの石川がなあ」と感心したのを覚えています。

 僕は引退後、オリックスで2012年から14年まで、ロッテでは15年から18年までコーチを務めました。石川と出会ったのは、彼がプロ2年目の時でした。

 2年目といっても、僕と同じ東京ガス出身の即戦力投手。1年目の14年は10勝8敗。翌年は先発陣の一角どころか、エース候補として期待されていました。

 しかし、性格が淡泊で、自分の考えを口にすることも、ほとんどなかった。例えば先発なら、メディアに「来季の目標は?」と聞かれた場合、「まずは2ケタ勝利を目指します」くらいは言うでしょう。石川はそれすら言わないんです。内に秘めた……というわけでもない。投球も当初はネガティブで粘り強さがなく、しんどいときはマウンド上で表情が変わってしまう。背中でナインを引っ張るタイプでもなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  2. 2

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  3. 3

    元恋人マッチは不倫…ファンも案じる中森明菜の“現在地”

  4. 4

    巨人痛感ソフトとの差…“ヤケっぱち”補強で虎ボーアに照準

  5. 5

    巨人菅野の米移籍先はココで!メジャー通2人が勧める4球団

  6. 6

    近藤真彦は「裸の王様」不倫で絶たれた“還暦アイドル”の道

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    ヤクルト山田“残留”の代償…エース流出不可避で来季も苦境

  9. 9

    鈴木京香&長谷川博己「年明け結婚」説を裏づける2つの理由

  10. 10

    石川に千賀…好投手が続々出てくるソフトBの若手育成術

もっと見る