武田薫
著者のコラム一覧
武田薫スポーツライター

1950年、宮城県仙台市出身。74年に報知新聞社に入社し、野球、陸上、テニスを担当、85年からフリー。著書に「オリンピック全大会」「サーブ&ボレーはなぜ消えたのか」「マラソンと日本人」など。

生え抜き菅野のポスティングが意味する読売巨人軍の変節

公開日: 更新日:

 日本シリーズはあっという間に終わり、博多の冬を賑わす相撲は東京で片が付き、この後の福岡国際マラソンも無観客。果たして有馬記念の怒号は聞けるのか……コロナ禍の寂しい年の暮れだ。

 そんな中、巨人菅野智之がポスティングでメジャー挑戦する可能性があるとの話題に改めて時代の動きを感じた。巨人投手のポスティング移籍は昨年の山口俊(ブルージェイズ)の例があるが、生え抜きの放出となれば菅野が初めてになる。

 日本の野球は早慶戦など学校対抗戦から裾野を広げた。プロ野球も戦前に旗揚げしたが、東京六大学リーグの陰で〈職業野球〉すなわち、カネ目当てと蔑視された。法大から近鉄―巨人と渡った関根潤三が、六大学とプロの両方のピークを味わったと話していたことがある。長嶋茂雄の登場によって職業野球は社会的地位を得たと述懐した。

■矜持の納めどころに困った

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  7. 7

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る