女子バレー曽我啓菜の武器は雪山で鍛えた強靭な下半身

公開日: 更新日:

曽我啓菜(女子バレーボール/19歳・NECレッドロケッツ)

「ドラマや映画で見てはいても、やっぱり人の多さに驚きましたね。最初は人混みがストレスでした」

 2019年春に大阪府の金蘭会高を卒業し、神奈川県に本拠地を置くNECレッドロケッツに入部したアウトサイドヒッターの曽我は、上京当初をそう語る。

 生まれは新潟県長岡市。7人きょうだいの4番目として育った。

「長岡市の中でも田舎の方です。もう山と田んぼしかない(笑い)。幼少期は自然の中で遊びました。オタマジャクシを捕まえたり、川遊びをしたり。小学生の頃は一山越えて登校していました。冬は雪遊びしながら帰ったので1時間以上かかっていたかな。あの日々のおかげで足腰がかなり鍛えられたと思います」

■廃部危機で中学を転校

 母はバレー経験者、兄や姉たちは上から野球、剣道、バレーとスポーツに親しみ、曽我も7歳から競技を始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  4. 4

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  7. 7

    自宅コロナ死急増「病床不足」の裏に退院できる患者の滞留

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

もっと見る