佐々木裕介
著者のコラム一覧
佐々木裕介フットボールツーリズム アドバイザー

1977年生まれ、東京都世田谷区出身。旅行事業を営みながらフリーランスライターとしてアジアのフットボールシーンを中心に執筆活動を行う。「フットボール求道人」を自称。

タイ・フットサル界のスーパースターは後世への道標になれるか

公開日: 更新日:

 タイからまたひとり、日本へやってきたアタッカンチがいる。

 名前はスパウット・トゥエンクラーン。

 チューレン(タイ人が持っている愛称)は「アーム」。今度は「どこのJクラブがタイ人選手を獲ったんだ?」と勘繰る人もいるだろうが、11人制のサッカーの話ではない。日本フットサル界に君臨する絶対王者、名古屋オーシャンズ(以下、名古屋)が連れてきたタイ人FPである。

 彼は2013年にAFCフットサル年間最優秀選手を受賞したことのある、タイ・フットサル界きってのスター選手だ。

 同年日本で開催されたAFCフットサルクラブ選手権(以下、アジアクラブ選手権)でチームを初優勝へと導き、自身はMVPを受賞。その大会会場が名古屋のホーム、オーシャンアリーナだった。彼の脳裏には、あの良き日の想い出が鮮明にあり、今回の移籍にも影響したのだろう、という想像が出来る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  2. 2

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  3. 3

    ボランティア辞退に意向確認 もはや東京五輪は“真っ黒”だ

  4. 4

    緊急事態宣言「1カ月延長論」浮上 2週間で収束メド立たず

  5. 5

    “里帰り不倫”福原愛はシンママに勝機 モラハラ夫に同情票

  6. 6

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    小川彩佳に“傷口に塩”の仕打ち…夫の愛人が不倫の日々激白

  9. 9

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  10. 10

    拘束プレー用の足枷を放置 ある日彼の母親が家に来て…

もっと見る