巨人井納に2つの敵 自主トレで「合うフォーム」発言の真意

公開日: 更新日:

 DeNAからFAで巨人に加入した井納翔一投手(34)が18日、川崎市のジャイアンツ球場で今年初めてブルペン入りし、投球練習を行った。「(マウンドは)東京ドームと一緒と聞いた。ホームで投げていくグラウンド。体で覚えさせて体の使い方も合うようなフォームにしないといけない」と感触を確かめながら15球を投じた。

【写真】この記事の関連写真を見る(09枚)

 DeNA時代の昨季は17試合に先発し、6勝7敗、防御率3.94。原監督には「ローテの一角として時には中4日、150、200イニング近く投げてもらいたい」と期待されている。「ここ何年かローテで投げていないし、規定投球回数にもいっていない。規定投球回数が一番」と目標を掲げたが、障壁になりそうなのが、新たな本拠地となる東京ドームだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    元宝塚男役トップ明日海りおは“ポスト天海祐希”の大本命

  3. 3

    多部未華子の夢は「子育てに没頭」 ファンが案じる女優引退

  4. 4

    渋沢栄一の不思議 なぜ“名を冠した企業”が1社しかないのか

  5. 5

    北川景子もハマっている「盛り塩」なぜ広まった?注意点も

  6. 6

    渋野はコーチと決別し遼ら助言…丸腰参戦に「最悪」の指摘

  7. 7

    小池知事“菅攻撃”画策不発でブチ切れ!宣言延長も政争の具

  8. 8

    東電22兆円巨額裁判の行方「株主代表訴訟」弁護団長に聞く

  9. 9

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  10. 10

    巨人原・桑田の完投倍増計画 守護神離脱でもビクともせず

もっと見る