大阪国際女子マラソン 周回コースで日本記録期待への疑問

公開日: 更新日:

 31日号砲の大阪国際女子マラソンの主催者は21日、市街地を走る従来のコースから大阪市の長居公園内を15周するコースへの変更を発表した。周回コースは大会史上初。もちろん、今大会限定である。

 全国的にコロナ感染者が増加し、大阪も13日に緊急事態宣言が再発令されたが、昨年から市内を走る例年のコースでは開催が困難になることも予想されていた。大会主催者は無観客開催を決断。出場人数も500人超から99人に絞り、万が一に備えて陸連から周回コースの公認も得ていた。

 とはいえ、舞台は1周2.813キロの平坦なランニングコース。しかも今大会は、ペースメーカーに大会史上初めて川内優輝ら男子選手を起用する。エントリーしている東京五輪代表の前田穂南(24)と一山麻緒(23)に「日本記録(2時間19分12秒=野口みずき)更新の期待がかかる」との声もあるが、こんなコースで日本記録を出して、胸を張る選手は果たしているのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る