久保建英の存在感は18秒 ヘタフェ大量5失点ボロ負けの深層

公開日: 更新日:

 1―1で迎えた後半5分、ビルバオが逆転弾をゲット。前掛かりとなったヘタフェは攻守のバランスを崩し、後半37分までに連続失点。前節まで18試合・18失点の堅守がボロボロになり、屈辱的な大差負けを喫した。

「ビルバオは、どの選手も強度の高いプレーでヘタフェの選手を追い詰めて常に試合を優位に進めていった。同時期にヘタフェ入りした技巧派MFアレニャも先制の場面以外、目立ったプレーは見せられなかった。ビルバオはボールを奪うとサイドに展開し、そこからヘタフェゴール前にクロスを放り込んでいく。このシンプルな戦術が効果的だったのも、この日2得点のFWラウル・ガルシアのような決定力の高いストライカーがいるからこそ。ヘタフェFWマタはPKを失敗した上にポストプレー、競り合いなどの局面でひ弱さが目立った。両チームの点取り屋のレベル差が、試合結果に反映されました」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 ヘタフェは次節、降格圏内の18位アラベスと対戦する。31日午後10時キックオフ。

 久保の移籍後初ゴールに期待したい。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る