岡崎慎司シュートゼロでも…代表ワントップ候補のお粗末

公開日: 更新日:

 スペイン1部ウエスカ所属の日本代表FW岡崎慎司(34)が、23日のビリャレアル戦で4試合ぶりの先発を果たした。

 試合開始と同時に<岡崎らしさ>全開だった。

 相手ゴール前でチャンスボールを待つのではなく、ラストパスを引き出そうと右に左に目まぐるしく動き回る。

 相手にボールが渡るとファーストディフェンダーとしてプレスをかけ続け、まるでDFのように守備にも精を出す。

 この<岡崎スタイル>を愚直に貫くことで英プレミア・レスター時代にはリーグ優勝の立役者のひとりとなり、日本代表では歴代3位となる通算50得点を決めている。しかし――。

 さすがに寄る年波には勝てず、動き出しの鋭さ、キープ力、シュートに持ち込む際のキレ味などすべてが劣化しており、後半12分にベンチに下げられた。結局ボールに触れたのは20回にも満たず、シュート0本の体たらく。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総務省・東北新社問題 疑惑の本丸“癒着会議”の仰天議事録

  2. 2

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

  3. 3

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    93年日本S第7戦 古田の“ギャンブルスタート”はサイン無視

  6. 6

    藤井2冠が高校を自主退学…「中卒」だと人生詰みは本当か

  7. 7

    ワクチン高齢者向け「6月末まで」は眉唾 河野発言根拠なし

  8. 8

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  9. 9

    鳩山元首相を広告塔に…医療ベンチャーの怪しいビジネス

  10. 10

    通行者や近隣住民のクレームは決して甘く診てはいけない

もっと見る