岡崎慎司シュートゼロでも…代表ワントップ候補のお粗末

公開日: 更新日:

 スペイン1部ウエスカ所属の日本代表FW岡崎慎司(34)が、23日のビリャレアル戦で4試合ぶりの先発を果たした。

 試合開始と同時に<岡崎らしさ>全開だった。

 相手ゴール前でチャンスボールを待つのではなく、ラストパスを引き出そうと右に左に目まぐるしく動き回る。

 相手にボールが渡るとファーストディフェンダーとしてプレスをかけ続け、まるでDFのように守備にも精を出す。

 この<岡崎スタイル>を愚直に貫くことで英プレミア・レスター時代にはリーグ優勝の立役者のひとりとなり、日本代表では歴代3位となる通算50得点を決めている。しかし――。

 さすがに寄る年波には勝てず、動き出しの鋭さ、キープ力、シュートに持ち込む際のキレ味などすべてが劣化しており、後半12分にベンチに下げられた。結局ボールに触れたのは20回にも満たず、シュート0本の体たらく。元サッカーダイジェスト編集長の六川亨氏がこう言う。

「日本代表のビッグスリーと呼ばれたMF本田圭佑(34)がボタフォゴでの移籍と退団の際に騒動を引き起こしたり、ギリシャ移籍が報じられているMF香川真司(31)が長く浪人生活を強いられている。この2人と比べると岡崎はスペイン1部でプレーしている分、欧州最前線にいる<格上>選手と言えますが、年齢的な衰えもあって現役晩年に差し掛かっているのは明らか。3月からカタールW杯2次予選が再開される予定になっているが、森保ジャパンの1トップ候補は、ドイツのFW大迫勇也(30)を筆頭に岡崎も<代表メンバー圏内>です。このことが、日本代表のアキレス腱<点取り屋不在>を余計に際立たせている」

 日本代表を率いる森保監督も頭が痛い――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

    有原、西勇輝、松田宣、筒香、森友哉…5年ぶりBクラスの原巨人はFA乱獲へまっしぐら

  2. 2
    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

    日テレが「笑点」についにメス! 林家三平の大喜利「卒業=戦力外」しかも秒読みだった

  3. 3
    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

    菅前首相の“絶賛弔辞”コピペ疑惑で赤っ恥 「前提すっ飛ばしなら一種の剽窃」と識者バッサリ

  4. 4
    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

    円楽師匠急逝で風雲急告げる「笑点」大喜利の後継者選び 落語協会と日テレの思惑に食い違い

  5. 5
    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

    テレ朝・弘中綾香アナ結婚&彼氏の上場でWおめでた お相手はただの“一般男性”ではなかった

  1. 6
    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

    太田光また旧統一教会“擁護発言”で大炎上…暴走が“売り”のはすが完全裏目、現場は制御不能か

  2. 7
    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

    Nスペ旧統一教会特集に視聴者ガッカリ…安倍元首相との関係に触れず、国葬後の放送にも疑問符

  3. 8
    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

    自民党・今井絵理子氏にSNSで怒り広がる SPEED再集結ライブ参加に「国会議員の仕事を」

  4. 9
    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

    「ポスト水卜麻美」岩田絵里奈アナに有名俳優との“黒歴史”

  5. 10
    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか

    香川照之に続きENEOS会長までクラブでご乱行…彼らの失敗の本質はどこにあるのか