久保はヘタフェでは「役不足」レアルへの早期復帰を望む声

公開日: 更新日:

 欧州サッカーで攻撃系選手が評価を上げるには「プレー内容よりも<目に見える結果=ゴールを決める>のが早道」と言われている。そのデンでいけば、所属しているレアル・マドリードからレンタル移籍したビリャレアル、8日に再レンタル移籍したヘタフェでノーゴールの日本代表MF久保建英(19)は<評価に値しない>選手ということになる。しかし、どの世界にも例外は存在する。久保は「プレー内容で高い評価を受けている」(サッカー関係者)というのである。

 日本時間21日のウエスカ戦。久保が「欧州のサッカー通をうならせた」(前出の関係者)プレーが2つある。

 まずは前半38分だ。ピッチ中央付近で<相手ゴールを背にした状態>の久保の足元に自陣からパスが送られた。背後には相手選手がいる。久保は、わざとトラップを大きくすることでスルッと入れ替わり、いとも簡単にマーカーを置き去りにしてみせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    島根・丸山知事は東京でも堂々90分超 これぞザ・記者会見

  2. 2

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  3. 3

    血税の官房機密費で返納か? 渦中の山田広報官に怨嗟の声

  4. 4

    菅首相長男らの違法接待で深まる謎…東北新社の正体とは?

  5. 5

    “鉄壁ガースー”どこが?東北新社「わからない」のテキトー

  6. 6

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  7. 7

    高須院長の弁明 驚くほど愚かな人たちによる愚かな出来事

  8. 8

    山田広報官バブリーな感覚 “ごっつぁん体質”でワイン好き

  9. 9

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  10. 10

    デマ垂れ流し集団「大阪維新の会」の“ファクトチェック”

もっと見る