“南野効果”ゼロ…新天地サウサンプトンは泥沼リーグ6連敗

公開日: 更新日:

 英プレミア・サウサンプトンに移籍した日本代表MFの南野拓実(26)が、新天地2試合目となるウルバーハンプトン戦(14日)に先発した。

 左サイドハーフに入った南野は局面に応じて前線、トップ下などポジションを変え、相手ボールになると献身的な動きでプレスをかけ、低迷中のチームに活を入れようと懸命に動き回った。

 しかし――。

 前半11分、自陣から南野が僚友MFレドモンドにパス。相手PA内まで猛然とダッシュして左足シュート! GKの好セーブに防がれ、見せ場は結局これだけ。後半17分にはベンチに連れ戻され、チームも1―2の敗戦を喫し、これで泥沼のリーグ6連敗となった。

「南野に『強豪リバプールから移籍してきた選手にチームは何を求めているのか、ちゃんと理解していますか?』と問いたい。労を惜しまずに動き回ったり、懸命にパスをつないだり、サボらずに守備に精を出したり、そういったことよりも<自ら仕掛けて相手DFの脅威となってゴールやアシストを決める>こと。出しゃばらずにチームプレーを重視するのではなく、ボールをオレに寄こせ!シュートを打たせろ!とエゴイスティックなプレーを見せてほしい」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

 次節チェルシー戦(20日)で奮起すべし、だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  4. 4

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  5. 5

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

もっと見る