巨人の対抗馬は阪神ではなく広島 “新戦力”で問題点が解決

公開日: 更新日:

 キャンプ視察を終えたセ・リーグ某球団のスコアラーに聞いた。

「優勝候補? 大穴と言ったら失礼だけど、要警戒は広島ですね」

 戦力的には巨人が圧倒的だ。FAで梶谷、井納を加え、エースの菅野も残留。少なくともセでは投打にずぬけている。その巨人を追うのは投手力が充実する阪神で、なんとかチャンスがあるのは中日、DeNAまで――というのが多くの評論家の見立てだが、冒頭のスコアラーはこう続ける。

「広島の問題は一にも二にも投手力、それもリリーフ陣。昨年の救援陣の防御率はリーグワーストの4・64で、逆転負けが一昨年は32回、昨年も20回あった。リリーフの勝ちパターンが構築できなかったという最大の問題点が今年、一気に解決しそうなのです」

■新戦力の当たり年

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  5. 5

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    マリエは今だから枕営業の実態告発 “海外の目”援軍なるか

もっと見る