ヤクルト内川は早くも5番内定 原動力は“史上4人目の称号”

公開日: 更新日:

 39歳を迎えるベテランが新天地で気を吐いている。3日の巨人とのオープン戦初戦で移籍後の実戦初本塁打を放ったヤクルト内川聖一(38)。4日の巨人戦は2タコに終わったものの、「キャンプからずっと状態の良さを維持していて、高津監督は早くも『開幕5番』で起用する方針を固めています」(チーム関係者)という。

ソフトバンクでは一軍出場ゼロ

 最強ソフトバンクの象徴的存在として君臨しながら、昨季の一軍出場はゼロ。二軍戦42試合で打率・327と結果を出しても、一軍からは一度も声がかからず、工藤監督との軋轢も噂された。

「見返したいという思いはもちろんあるでしょうが、それ以上に内川の原動力になっているのが、両リーグ1000安打という記録です。ソフトバンク退団が決定した内川には複数球団から声がかかったが、本人は早い段階から移籍先をセ球団に絞った。セパ1000安打はプロ野球の長い歴史でも、大杉勝男、落合博満、和田一浩の3人しか達成していない偉業。すでに2000安打を達成し、史上2人目の両リーグ首位打者も獲得している内川は常々、『自分は打つことでプロ野球に居場所をつくってきた』と言っている。安打製造機としての自負が人一倍強い内川にとって、セパ1000安打はバットマンとして是が非でも欲しい称号。ヤクルトは当初、『代打の切り札』として内川を獲得しましたが、本人はレギュラー獲得へ意欲満々でした」(球界OB)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    元ギャングに顔面の入れ墨…「消さずに生きていく」の真意

  4. 4

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    五輪ありきの重点措置“乱発”の姑息…関西5府県は壊滅状態

  7. 7

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

  8. 8

    プロに任せるは“カモネギ”状態 買ってはいけない投資商品

  9. 9

    松山英樹Vの“神風”生かせず…「ラヴィット!」に失望の声

  10. 10

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

もっと見る