後藤逸郎
著者のコラム一覧
後藤逸郎ジャーナリスト

1965年生まれ。毎日新聞大阪経済部次長、東京本社特別報道グループ編集委員などを経て現職。著書に「オリンピック・マネー 誰も知らない東京五輪の裏側」(文春新書)。

コロナ禍で露呈した正体 IOCは“世界最大のスポーツ興行主”

公開日: 更新日:

「事の始まりには不思議な力が宿る」

 国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は3日、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会と日本政府、東京都、IOC、国際パラリンピック委員会(IPC)の5者協議の冒頭、独詩人ヘッセの詩を引用し、協議に期待を寄せた。だが、合意内容は、訪日外国人客受け入れ是非の月内判断だった。政府と組織委は訪日外国人客見送りへ舵を切り、バッハ会長の通常開催論はようやくついえた。

 世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は1日、世界の新型コロナウイルス感染が7週間ぶりに増大し、ワクチン頼みは限界があると、感染拡大抑制措置を緩和しないよう各国に要求。マイク・ライアン上級ディレクターは、年内コロナ収束を非現実的と断じた。コロナ禍は世界を席巻し続けているのだ。

 だが、バッハ会長はこの1年「WHOの助言に従う」と繰り返しながら、通常開催に拘泥した。IOCは2009~10年にWHOが新型インフルエンザパンデミック宣言中、バンクーバー冬季五輪を開催した過去がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  2. 2

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  3. 3

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  4. 4

    巨人が広島エース大瀬良狙い 苦手選手“FA引き抜き”へ照準

  5. 5

    羽鳥慎一高笑い?川島明「ラヴィット」はクセがなさすぎる

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」“HEROっぽさ”こそ月9の狙い

  7. 7

    渡り合える「強さ」で拭い去った夏目三久の「有吉の壁」

  8. 8

    都ファ議員ドタキャンは小池知事の圧力?出演予定者が明かす舞台裏

  9. 9

    吉田羊が主演ドラマをハシゴ 密会報道から5年目の完全復活

  10. 10

    松山マスターズVの裏側 コーチとギア担当者が新加入し支援

もっと見る