後藤逸郎
著者のコラム一覧
後藤逸郎ジャーナリスト

1965年生まれ。毎日新聞大阪経済部次長、東京本社特別報道グループ編集委員などを経て現職。著書に「オリンピック・マネー 誰も知らない東京五輪の裏側」(文春新書)。

「多額の税金を投入するのだから五輪は開催すべき」は暴論

公開日: 更新日:

「1年延期で多くの経費がかかっている」

 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の橋本聖子会長は、2月26日の報道各社とのインタビューで再延期を否定し、オリンピック開催に強い意欲を示した。

「多額の税金をつぎ込んでいるから、開催すべき」という主張は、「サンクコスト(埋没費用)」を無視した暴論だ。

 東京大会につぎ込まれた税金は巨額だ。2013年の招致段階で7000億円余りだった大会予算は、新型コロナウイルス感染拡大に伴う延期費用約3000億円が加わり、1兆6440億円にのぼる。12年ロンドン大会の約1兆5000億円を上回り、過去最高だ。会計検査院は関連費用を含め大会予算が3兆円に迫ると指摘した。

「コンパクト五輪」を掲げた東京都の猪瀬直樹知事(当時)はツイッターで「誤解する人がいるので言う。2020東京五輪は(中略)世界一カネのかからない五輪なのです」と主張していた。国民の懸念がまさに的中した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍前政権の反知性主義が「国産ワクチン開発遅れ」の元凶

  2. 2

    マリエの告発に出川哲郎ら事実無根と否定…なぜ今、何が?

  3. 3

    吉村知事がTV行脚で自己弁護 コールセンターに抗議殺到!

  4. 4

    今が狙い目!PayPay銀行のキャンペーンで最大4500円ゲット

  5. 5

    思い出作りの訪米 何もしない首相はいてもいなくても同じ

  6. 6

    池江&松山を聖火最終走に祭り上げ!世論スルーの機運醸成

  7. 7

    原発汚染水にトリチウム以外の核種…自民原発推進派が指摘

  8. 8

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  9. 9

    都が見回り隊員に大盤振る舞い 日給1万2200円+αは妥当?

  10. 10

    特捜9vs捜査一課長 “お決まり”でも高視聴率の2作品を解剖

もっと見る