秦真司
著者のコラム一覧
秦真司野球解説者

1962年、徳島県生まれ。鳴門高を経て法大4年時に日本代表としてロサンゼルス五輪で金メダルを獲得。84年、ドラフト2位でヤクルト入団。90年に捕手から外野手に転向。92年の西武との日本シリーズ第6戦でサヨナラ本塁打を放つなど強打の野手として活躍した。現役通算16年間で打率.262、97本塁打、341打点。2001年にロッテの二軍打撃コーチ、05、06年に中日の捕手コーチ、08~11年はBCリーグ群馬の監督、12年から巨人の一、二、三軍バッテリーコーチを歴任。17年限りで退団も19年に巨人に復帰し、ファームバッテリー兼打撃コーチ。現在は野球解説者。

身内のマスコミに批判されても…落合監督は選手を大人扱い

公開日: 更新日:

「目線を上げて低めのボール球は絶対に振るな。そのためなら見逃し三振をしてもいい」

 落合博満監督は打者にこう指示した。今でこそ、これは球界に定着しているが、2005、06年当時は画期的なことだった。12年に巨人も一時的に取り入れたが、原辰徳監督が見逃し三振を良しとせず、結局は定着しなかった。

 その原監督や野村克也監督も「ファンあってのプロ野球」と口にする。落合監督は正反対だ。「勝つことがファンのため」と言ってはばからない。秘密主義で故障者などの機密情報は一切公表しない。コーチである私でさえ、選手の情報が分からないことがあった。

 作戦はとにかく堅い。無死一塁なら、クリーンアップ以外はほぼバント。次の打者の方が打ちそうなら、たとえ1死からでも「送れ」のサインが出ることもあった。原監督は時に「えっ?」と驚くようなサインを出す。野村監督もそうだ。しかし、落合監督は意表を突くようなことはしない。リスクは冒さず、確実に得点圏へ走者を進める。そこから適時打を待つという安全策を多用した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  2. 2

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  3. 3

    小室圭さん不信を生んだ「婚約内定」発覚翌日の不可解行動

  4. 4

    台湾に激震!アストラゼネカ製ワクチン接種直後に36人死亡

  5. 5

    巨人あるか今季2度目の“粛清人事”…阪神に惨敗で3位に転落

  6. 6

    巨人66億円FA組と新助っ人総崩れ…原監督が引導渡される日

  7. 7

    眞子さま“10月婚”諦めず…小室さんとの新居購入が困難な訳

  8. 8

    厚労省がワクチン“死亡事例”の詳細を公表しなくなったナゼ

  9. 9

    丸川五輪相“ああ勘違い”空回り 妄言連発に自民からも苦言

  10. 10

    猪瀬直樹氏に直撃 五輪は開催可能と本気で思っていますか

もっと見る