宮崎紘一
著者のコラム一覧
宮崎紘一ゴルフジャーナリスト

低レベルな選手育成 松山マスターズVに浮かれている場合か

公開日: 更新日:

 日本人の制覇は夢かと思われていた「マスターズ」に松山英樹(29)が優勝して、日本中が歓喜の渦にのみ込まれている。これで「第2の松山誕生の道筋がつくれた」「日本に再びゴルフブームが訪れる」「低迷する男子ツアー復興の兆し」などと大騒ぎだ。

 だがゴルフファンや業界には申し訳ないが、現状を見る限り、こうした期待はぬか喜びに終わりそうだ。というより、これから松山と日本との距離はますます離れていくことが予想される。低迷する男子ツアーの復興と、ファンの拡大は、松山が日本ツアーに出場すれば、の話だ。

 だがその可能性は限りなく低くなった。マスターズ優勝で得た松山の優勝賞金は207万ドル(約2億2770万円)。日本大会の10倍に当たる。おまけにマスターズの永久出場権を獲得し、他のメジャー3大会(全米オープン、全英オープン、全米プロ)の5年間シードも獲得した。今後はメジャー中心の年間スケジュールを組むことになり、米国にじっくり腰を据えるのは確実で、日本ツアー出場どころではないのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

もっと見る