バッハ会長「緊急事態宣言と五輪は無関係」発言の狡猾さ

公開日: 更新日:

 関係ないわけがないだろう。

 25日から東京、京都、大阪、兵庫の4都府県に発出されることになった緊急事態宣言。新型コロナウイルスの新規感染者は減るどころか増える一方とあり、開催まで3カ月足らずに迫った東京五輪の中止を求める声も日増しに高まっている。

 IOCのバッハ会長はしかし、21日の記者会見で「(緊急事態宣言は)五輪とは関係ない。日本政府がゴールデンウイーク中の感染拡大を防ぐためだと認識している」と、言い放ったのだ。

 あまりに無責任極まりない発言に世論は反発。五輪に詳しいスポーツジャーナリストの谷口源太郎氏は「日本側は完全に足元を見られている」と、こう続ける。

「今の政府、組織委員会の動きを見る限り、原則開催ありき。『五輪をするかしないか』ではなく、『どうすれば五輪が開催できるか』しか頭にないのがわかります。バッハ会長もそれをわかっているから言いたい放題言えるのでしょう。世界中がパンデミックにさらされている今、人道的に考えればIOCが率先して中止を口にすべきです。しかし、そうすると中止になった場合の損失の大部分をIOCが背負うことになる。バッハ会長の頭にあるのは『いかにIOCが責任を回避できるか』だけではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  9. 9

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る