バッハ会長「緊急事態宣言と五輪は無関係」発言の狡猾さ

公開日: 更新日:

 思えば東京五輪が1年延期になったのも昨年、安倍前首相が「完全な形で開催したいから」とIOCに延期を打診したからだ。これにより、延期に伴う費用の大半は日本サイドが背負い、IOCの出血は最低限に抑えられた。

「バッハ会長は狡猾ですからね。自分で判断することを避け、常に誰かにバトンを預けている。外国人客受け入れ断念も日本に決めさせた。さらに観客の上限や完全に無観客にするかどうかの判断も、日本政府や組織委員会に丸投げです。IOCには独自の情報網があるので、日本の感染状況や世論の声なども収集しているはず。それでも責任を回避するために、自分たちからは決して動こうとしない。まさに嘘と欺瞞に満ちあふれた茶番劇ですよ」(前出の谷口氏)

 要するにバッハ会長は日本に責任を押し付けている。日本はいいように利用されているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口香理事が米紙に語った“正論”の説得力 五輪村は真っ青

  2. 2

    秋篠宮家は小室圭さんを身辺調査する発想がなかったのかも

  3. 3

    草彅剛は映画に続きドラマでも受賞…それでも民放起用せず

  4. 4

    不倫疑惑の熊田曜子vsDV夫 週刊誌上“代理暴露合戦”の行方

  5. 5

    カトパン夫は出水麻衣の元彼…女子アナの“半径5m”恋愛事情

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    離婚決意の熊田曜子「DV疑惑」と「不倫疑惑」どっちが悪い

  8. 8

    社長とW不倫 静岡放送女子アナがカルチャーセンターに異動

  9. 9

    小室圭さんが享受する”特権待遇”は眞子さまとの結婚後も

  10. 10

    MLB新ルールにダルは反論 不正投球蔓延は投手コーチが元凶

もっと見る