ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

公開日: 更新日:

 米紙ワシントン・ポストによる、国際オリンピック委員会(IOC)とバッハ会長への痛烈批判が注目されている。5日の電子版で、新型コロナの感染拡大で開催が不透明な東京五輪・パラリンピックについて、開催を強行したいバッハ会長を「ぼったくり男爵」と表現し、「IOCはライセンスの収益や放映権料を獲得し、開催国に巨額費用を押し付けている」と指摘。国内でワクチン接種が進んでいないことなどから「中止すべきだ」と決断を促した。

【写真】この記事の関連写真を見る(15枚)

 IOCは五輪の準備や運営にかかる経費を開催都市と国、組織委員会に負担させる。1年延期による追加経費のほとんどもそう。一方で、自分たちは多額の放映権料やスポンサー料を手にする。コロナで世界中に数えきれないほどの死者が出ようが、開催に突き進むIOCの非常識、ずるさは世界が認識している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「ドラゴン桜」生徒役で一番の成長株は鈴鹿央士と…誰だ?

  2. 2

    崖っぷち白鵬…進退懸かる7月場所“鬼門”は三役より平幕3人

  3. 3

    「国政進出」にらみお膝元東京10区死守も“最側近”に黄信号

  4. 4

    豪でクラスターが!カメラが捉えたインド株“すれ違い感染”

  5. 5

    小池知事「過度の疲労」でダウンの波紋…都ファは右往左往

  6. 6

    熊田曜子の疑惑に“不倫大好き”大手メディアが沈黙のナゼ

  7. 7

    白鵬「進退の意味わかった」に透ける引退先送りの悪あがき

  8. 8

    宮本亞門さん「私が一番心配なのは国民の心が折れること」

  9. 9

    映画「宮本から君へ」裁判で全面勝訴! 忖度なき映画プロデューサーの“アンチ魂”

  10. 10

    白鵬窮地…照ノ富士と貴景勝に7月場所後横綱同時昇進の目

もっと見る