ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

公開日: 更新日:

■熱狂する国民を…

「ぼったくり男爵」との批判はもっともだが、スポーツジャーナリストの谷口源太郎氏は「開催に向けて暴走しているのは、むしろ日本です」と言ってこう続ける。

「当初、東京五輪を開催する意義はなかった。そこで東日本大震災からの復興をシンボルにしたわけだが、国民や多くの援助をしてくれた海外受けを狙ったデタラメです。原発事故の汚染水について『アンダーコントロール』と大ウソをついた安倍前首相は、五輪で熱狂する国民を一体化し、戦争ができるように憲法改正に持っていくのが狙いだった。森喜朗前組織委員会会長がバックにつき、『オールジャパン』『ワンチーム』などと言い出したことは記憶に新しい。五輪開催は経済効果もありますが、それよりも憲法改正のために五輪を政治利用したのです。安倍、森両氏は表舞台から消えたが、コロナ禍で国民の7割以上が五輪の延期・中止を望んでいても、実際に開幕すれば無観客でも絶対に盛り上がる、と思っているはずです。自民党の衆院選を有利にするためなんて声もありますが、国がしゃかりきになって東京五輪を開催したい最大の理由はここにあるのです」

 くしくも6日、憲法改正の手続きを定めた国民投票法の改正案をめぐり、自民党と立憲民主党は今国会で成立させることで合意した。コロナ禍で毎日死者が出ている今、憲法改正うんぬんではなかろう。米紙のバッハ会長批判に膝をたたいている場合ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  4. 4

    塩村あやか議員が激白 開会式“深夜の子供出演”は「日本の順法精神が問われている」

  5. 5

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  6. 6

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

  7. 7

    「この家に入るニャ!」インドで猫が毒蛇コブラの侵入を防ぐ

  8. 8

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  9. 9

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  10. 10

    ジャニーズも大打撃! 五輪中継一色で割を食う芸能人たち…コロナ禍とWパンチで開店休業状態

もっと見る