コロナ禍初の地方有観客開催 相撲協会の思惑と打算、力士と親方衆に問われるモラル

公開日: 更新日:

「今回の名古屋場所は、今後の地方開催や巡業復活にも影響してくる」

 角界にはこんな声がある。

 7月4日に初日を迎える名古屋場所は、昨年3月の大阪場所以来、1年4カ月ぶりの地方開催。前回の大阪は無観客開催だったが、コロナ禍での地方開催としては初めて、会場となるドルフィンズアリーナに会場の収容人数の50%(約3800人)を入れて、有観客開催される。コロナ対策として4人用の升席を2人で使用し、イス席の前後左右を空けて密を回避するだけでなく、換気を促すために巨大扇風機を16台設置。民間の救急車も2台配備される。相撲協会のホームページでは、「マスク着用」や「飲酒禁止」など観戦時の注意喚起を促している。

 とはいえ、何より肝心なのは、力士や親方衆がきちんとルールを順守するかどうかだろう。コロナの感染拡大以降、相撲協会はガイドラインを作成。不要不急の外出を禁止しているが、外食をしたりキャバクラに通ったりしてルールを破る人間が後を絶たない。昨年以降、阿炎朝乃山、竜雷が休場処分となり、田子ノ浦親方、時津風親方(退職)も謹慎、降格処分を受けている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

    小室圭さん“ちょんまげヘア”バッサリでサッパリしたが…自宅で「断髪」は美容師法違反?

  2. 2
    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

    腸に長方形の影が! 腹痛を訴えるエジプトの服役囚から摘出されたモノは…

  3. 3
    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

    小室圭さん「秋篠宮家へ挨拶」でお土産、髪型、服装チェック…「ゴゴスマ」にうんざり

  4. 4
    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

    前科前歴16犯で中2女子にわいせつ行為 42歳露出男が“図書館プレー”に目覚めたきっかけ

  5. 5
    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

    <38>ドン・ファン愛人の菜々ちゃんが「1日3回」の技を説明し始めた

もっと見る

  1. 6
    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

    立憲民主の新人善戦で自民13人が大苦戦 中には閣僚経験者が4人も

  2. 7
    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

    エンゼルスは大谷翔平の残留に勝算アリ!「二刀流起用を使いこなせるのはウチだけ」の自負

  3. 8
    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

    飲み屋でベロベロ大暴走!20代女性の胸を触り背中に噛み付いた老舗呉服店御曹司の評判

  4. 9
    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

    UR汚職疑惑でも自民党の選挙の顔! NHKはトンデモ発言をファクトチェックすべきだった

  5. 10
    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち

    西武42年ぶりの屈辱最下位争い 辻監督それでも続投は「松坂大輔の充電」待ち