キャバクラ通い朝乃山 厳罰招いたウソと大関復帰の可能性

公開日: 更新日:

 居並ぶ理事たちの前では反省の色を見せていたというが……。

 11日、相撲協会の臨時理事会で大関朝乃山(27)への処分が決定。次の7月場所から6場所出場停止と共に、6カ月間の報酬減額50%となった。さらに師匠の高砂親方(元関脇朝赤龍)も監督責任を問われ、3カ月の報酬減額20%だ。

 新型コロナウイルスの蔓延で協会が不要不急の外出を厳しく制限する中、朝乃山は何度もキャバクラに通っていたのだから自業自得。ちなみにそんな大関を育てた錦島親方(元大関朝潮)も緊急事態宣言中の飲み歩きが発覚し、同日、退職届が受理された。弟子が弟子なら、師匠も師匠である。

 昨年、朝乃山同様にキャバクラ通いがバレた阿炎が3場所出場停止。今回はその倍になった。

 親方のひとりは「大関という地位もそうだが」と、こう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪開会式直前に演出の小林賢太郎氏が解任…やはり抜擢は“クリエイターの天皇”人脈だった

  2. 2

    石橋貴明×鈴木保奈美「電撃卒婚」の全舞台裏 オワコン夫の束縛と売れっ子妻への嫉妬

  3. 3

    小山田圭吾“陰湿いじめの舞台“となった和光学園の「共同教育」とは…担当者に聞いた

  4. 4

    五輪開会式「極秘演出」がまさかのダダ漏れ! 臆面もなく再びゲーム頼みか

  5. 5

    自民を牛耳る3A+S「今の世の中、右も左も真っ暗闇じゃござんせんか」が日本の姿

  6. 6

    渡部建が「芸能界グルメ王」の座を明け渡す日…小木博明が“救いの手”も復帰の兆しなく

  7. 7

    キスマイ北山宏光がクズ男役でギリギリ濡れ場を好演 ジャニーズ俳優の新境地を開拓

  8. 8

    懸念が一転!眞栄田郷敦の高校生役がハマった痛快コミカル劇「プロミス・シンデレラ」

  9. 9

    安倍前首相の五輪開会式トンズラ…「逃げた」「無責任の極み」と大ブーイング

  10. 10

    小山田圭吾が一生涯背負う“十字架”と本当の謝罪 障害者の父親は「謝っても許されない」と強い憤り

もっと見る