春日良一
著者のコラム一覧
春日良一元JOC職員・スポーツコンサルタント

長野県出身。上智大学哲学科卒。1978年に日本体育協会に入る。89年に新生JOCに移り、IOC渉外担当に。90年長野五輪招致委員会に出向、招致活動に関わる。95年にJOCを退職。スポーツコンサルティング会社を設立し、代表に。98年から五輪批評「スポーツ思考」(メルマガ)主筆。

公式サイトの国別メダル獲得一覧は五輪憲章違反 組織委は堂々と犯している

公開日: 更新日:

 第32回オリンピック競技大会は7月23日に開会された。史上初の無観客で行われた開会式は静かなものだったが、世界から集まった選手たちの誇りと喜びに満ちた行進とこぼれる笑顔は、それだけで大会が開かれる意味を語っているようであった。彼らは4年に1度のチャンスに自らの全てを懸け、自国の代表となった。自分の愛する競技で自己の力の限りを尽くして戦う姿が愛する国の人々の生きる力になる。だが本来、彼らの戦いは国のための戦いではない。

 これまで五輪中止論を展開してきたメディアも競技が始まればメダル狂騒曲を始める。オリンピックの意義を問うことは二の次だ。自国選手の活躍を伝えることが主眼となる。その最たるものが新聞を飾る国別メダル一覧である。これまでも誰もが当然のごとく受け入れてきたものだ。

 しかし、実にこれほどオリンピックの精神に反したものはない。オリンピック憲章は「オリンピック競技大会は、個人種目または団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない」と規定している。国と国との戦いを超え、ナショナリズムを超える思想がオリンピズムである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

    大谷翔平リーグ首位15敬遠の深層…「日本人ホームラン王」を望まないアメリカ人と中南米選手の本音

  2. 2
    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

    河野太郎氏が総裁選“急ブレーキ”の墓穴と誤算…ネットでバッシング激化し、討論会では集中砲火

  3. 3
    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

    「飲みィのやりィの…」離婚の高市大臣“肉食自伝”の衝撃

  4. 4
    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

    しつこい!高市早苗氏だらけの“あおり”ネット広告に批判噴出…党則違反の可能性、自民党本部の回答は

  5. 5
    阪神・佐藤輝が緊急一軍昇格も…大不振のウラに矢野監督の“8.25緩慢守備叱責”騒動

    阪神・佐藤輝が緊急一軍昇格も…大不振のウラに矢野監督の“8.25緩慢守備叱責”騒動

もっと見る

  1. 6
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  2. 7
    Vチューバーをめぐる「フェミニスト議連」の抗議に署名6万件 なぜ反感を買ったのか?

    Vチューバーをめぐる「フェミニスト議連」の抗議に署名6万件 なぜ反感を買ったのか?

  3. 8
    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

    二階派が高市氏「全面支持」の仰天情報! “2位・3位連合潰し”で岸田総理誕生を絶対阻止

  4. 9
    阪神・矢野監督に告ぐ 佐藤輝明の才能を中途半端な起用で潰すことは許されない

    阪神・矢野監督に告ぐ 佐藤輝明の才能を中途半端な起用で潰すことは許されない

  5. 10
    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る

    “ロン毛”で目撃された小室圭さんは超VIP帰国 結婚延期から3年半…眞子さまとの記者会見で何を語る