【陸上】田中希実「初」づくしに陸上界が驚いた! 1500Mでまさかの4分切りファイナルへ

公開日: 更新日:

 二兎を追い二兎を得た。

 女子1500メートル準決勝の田中希実(21)は1組目に登場。予選で出した日本新を更新する3分59秒19で5着に入り、決勝進出を決めた。

 準決勝は2組が走り、各組5着以内+タイム上位2人の計12人が決勝へ進む。田中は800メートルまではほぼ先頭で進み、5番手でラスト1周へ。4位の選手も抜こうかという走りをみせ、6日の決勝へ駒を進めた。

「4分切らないと決勝は難しいと思った。着順(5位以内)を狙えばタイムも出る。両方果たすことができてよかった。決勝はラストにこだわりたい」

 田中の結果に、ある実業団関係者はこう語る。

「日本の女子が五輪のセンゴ(1500メートル)を着順で、それも自分でレースを引っ張り3分台で決勝へ進むとは想像もできなかった。決勝はよほどのアクシデントがなければ、1500メートル、5000メートル、1万メートルの3冠を狙うハッサン(オランダ)が勝つ。すでに5000メートルで金のハッサンは後方でレースを進め、ラストで異次元の走りを見せるが、19年世界陸上の1500メートルは1周目から先頭に立ち、3分51秒95で勝った。田中は序盤から2、3番手につけ、最後のスピード勝負でどれだけ粘れるか。何とか入賞して欲しいです」

 男子は三浦龍司(19)が、3000メートル障害で日本人初の7位入賞を果たし陸上界を驚かせた。今度は田中の番か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

    創価学会を除名された野原善正氏が明かす 長く閉ざされてきた選挙運動の壮絶実態

  2. 2
    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

    安倍前首相が過剰なまでに“高市氏肩入れ”…本当の狙いは自身の再々登板か

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

    森喜郎氏がラジオ出演で河野太郎氏“包囲網” チラつく09年自民党総裁選「腐ったリンゴ」の遺恨

  5. 5
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

もっと見る

  1. 6
    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

    高市早苗氏だけ「右翼の強硬派」と悪目立ち 海外メディアは新首相候補に期待ゼロ

  2. 7
    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

    渡部建はキスなし即ベッド“超自己中SEX” 元カノ女優が激白

  3. 8
    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

    エンゼルス大谷は残り試合で「本塁打王」狙い専念がベター このままでは“あぶはち取らず”に

  4. 9
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  5. 10
    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”

    阪神・矢野監督続投も…フロントが唯一気を揉む巨人との“ピリピリ6番勝負”