阪神・西純矢ついにプロ初完投&初HR! 同期の佐々木朗希、奥川を上回る「タフネス」証言

公開日: 更新日:

 最下位に沈む阪神の希望の星である。

 プロ3年目の西純矢(20)が18日のヤクルト戦で9回1失点の好投でプロ初完投勝利(今季2勝目)をマーク。投手としては2007年ボーグルソン以来となる「8番」で出場し、二回には左腕高橋の内角速球を豪快にフルスイング。左翼席へ2ランを放つなど、打撃でも勝利に貢献した。

 最速154キロの伸びる直球と、鋭く縦に落ちるスライダー、フォークが武器。佐々木朗希奥川恭伸宮城大弥らと同世代の19年ドラフト1位で、創志学園高時代は4番を打ち、高校通算25本塁打をマークしている。19年のU18W杯(韓国)では投手兼外野手の「二刀流」としてチームに貢献。大会最多の2本塁打を放つなど、プロのスカウトからは「投手の方が素晴らしいが、打者としてのセンスもいい」との声が少なくなかった。

「おまけに心身がタフですから」とは、前出のU18を取材したメディア関係者。

「佐々木朗と奥川は肩肘に細心の注意を払って調整していた一方で、宮城とともに投打にフル回転したにもかかわらず、肩肘の状態は全く問題なく、最後までピンピンしていた。宿舎では韓国料理に苦戦する選手が多い中、好き嫌いなく一番食べていたといいます。高校2年時の甲子園ではガッツポーズを連発して波紋を広げましたが、根っからの明るい性格で、大舞台でも物おじしない。近い将来、阪神のエースになる可能性は十分にあります」

 ブレークは近い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

    カナダ在住“世界で最もインクに染まった男”の主張「タトゥーは愛の仕事」

  2. 2
    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

    元琴欧州の鳴戸親方「雨降ったら洗濯物濡れる。なぜ分からない?」

  3. 3
    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

    国内男子ツアー低迷の哀れ…V賞金が女子プロのホールインワン賞に“毛が生えた”程度

  4. 4
    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

    テキサス州の男性が62kgの「フエダイ」ゲット! 世界記録になりそうなのに…

  5. 5
    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

    堀ちえみ“病魔ふたたび”で満身創痍…「デビュー40周年コンサート」実現への思いが支えに

  1. 6
    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

    (1)目玉候補から一転 不人気の猪瀬直樹氏に「公然セクハラ騒動」勃発!

  2. 7
    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

    “投壊巨人”補強組の無様…4球で二軍落ちの井納は戦力外、離脱中の山口俊はトレード要員

  3. 8
    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

    「投壊巨人」桑田流メソッドは悪化の一途…総失点・与四球とも12球団ワーストの泥沼

  4. 9
    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

    大谷メジャー自己最多13Kのアッパレ! エ軍を見限るか、グラウンド内外の惨状が二刀流に与える影響

  5. 10
    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?

    芸能界の「お終活」事情 黒柳徹子と美川憲一が豪邸売却、“美しい幕引き”の秘訣は?