どこが「伝統の一戦」? 阪神vs巨人の息詰まる投手戦をブチ壊した延長のヘボ合戦

公開日: 更新日:

 息詰まる投手戦が台無しである。

 20日の阪神巨人戦。巨人先発の戸郷が8回4安打無失点と今季一番の投球を見せれば、阪神先発の青柳も五回まで3安打無失点と完璧な投球。ウォーカーの適時打で2点を失った六回限りで降板したものの、リリーフ陣が踏ん張り追加点を許さない。そんなテンポのいい締まったゲームはしかし、九回裏の2死から飛び出した阪神大山の同点2ランで延長戦に突入すると、一気にヘボ試合に転じたのだ。

 まずは、巨人が1死満塁の好機をつくった延長十回表。3番吉川のゴロが三塁ベースの横に飛んだ。ここで、信じられないミスが出る。打球を捕った糸原がすぐ横の三塁ベースを踏み、本塁に送球。三塁走者の増田陸がタッチアウトで併殺完成──と思ったら、糸原がベースを踏まずに送球していたのだ。投手の岩崎が後続を断って失点にはつながらなかったが、テレビ中継で試合を解説していた元ヤクルト宮本慎也氏が「ありえないプレー」と絶句するボーンヘッドだった。

「いや、巨人も負けてはいない。その裏です。4番手の畠が先頭打者を四球で歩かせ、次打者の熊谷が投前にバント。明らかに二塁封殺が可能な打球だったのに、畠が躊躇して一塁に送球し、ピンチを広げた。これも失点にはつながらなかったからよかった、と言えるプレーじゃありません。もっと言えば、大山に一発を浴びたデラロサの投球も論外。2点リードの九回2死一塁、一発だけは絶対に避けなければいけないこの場面で、真ん中高めにスライダーを2球も続けた制球力と集中力のなさ。お粗末すぎます」(巨人OB)

 結局、試合は延長十二回に一挙4点を奪った巨人が6-2で勝利。阪神の4失点は遊撃中野の失策と死球にワイルドピッチが絡んでのものだった。「伝統の一戦」が聞いて呆れる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

    大谷翔平が2年連続「球宴先発投手」に急浮上! 投票選出エース級が続々登板回避の可能性

  2. 2
    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

    “愛妻家”菅田将暉「5カ月俳優休業」の真相は…妻・小松菜奈との新婚生活満喫のため?

  3. 3
    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

    KDDI通信障害「補償額」どれだけ巨額に? 一般利用者には400円分のポイント付与か

  4. 4
    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

    生稲晃子氏に今度は“パクリ疑惑”が! 候補者アンケートの回答が朝日健太郎氏と丸かぶり

  5. 5
    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

    「名門女子大」人気凋落のナゼ…新5000円札の“顔”津田梅子もビックリ?

  1. 6
    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

    飯島直子の“54歳の現在”に…「全然劣化してなくて感動した」とネットが大騒ぎ

  2. 7
    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

    間違いだらけのエアコン節電…微風or自動どっちがエコ? 除湿と冷房で除湿量が多いのは?

  3. 8
    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

    常識が通じないモンスター住民も「大家さん」と聞いて“青菜に塩”状態に

  4. 9
    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

    女優・沢田雅美さん「渡鬼」降板報道の真相で「本が一冊書けてしまうかな(笑)」

  5. 10
    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾

    生稲晃子氏が「同性婚反対」で再び炎上…「自分らしく生きられる国へ」の主張に矛盾