日本代表「1トップ後継者」FW上田綺世の掘り出し的お値段 4連戦で活躍したら…?

公開日: 更新日:

 2日午後7時キックオフのパラグアイ戦(札幌)を皮切りに6日のブラジル戦(国立)など代表4連戦を控えている森保ジャパン。喫緊の課題のひとつが「1トップの後継者探し」だ。

 2013年7月に代表デビューを飾った神戸FW大迫勇也(32)は14年ブラジル、18年ロシアの両W杯に出場。長らく絶対的1トップとして君臨してきた。しかし、このところ年齢的な衰えにケガも重なり、今代表には招集されなかった。

 そこでJ鹿島FW上田綺世(23)に注目が集まっている。身長182センチに体重76キロの偉丈夫。前線でポストプレーをこなしながら、ゴールを決めるフィニッシャーとしての能力を評価され、大迫に代わって「代表1トップのレギュラー候補」に挙げられているのだ。

「今季Jで好調をキープし、得点ランク単独トップの10点をマークして代表に合流した。体のキレなどコンディションも上々。代表4連戦の中でも特に注目度の高いブラジル戦で代表初ゴールを決めるなど活躍したら、一気に上田株がアップして欧州サッカー界からの関心度もグンと高まる。1日にオンライン取材に応じた上田は『アピールのチャンス?』と聞かれても『そんなに関係はないです。求められることは同じ。特長を出すだけ』といつものように淡々とコメントしていたが、間違いなく存在感アピールの大チャンス到来です」(元サッカーダイジェスト編集長・六川亨氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

    ソフトB柳田悠岐に迫る“不良債権”のレッテル…ケガ相次ぎ「7年40億円契約」に見合わず

  2. 2
    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

    巨人4番で4戦連続打点の中田翔 打てば打つほど「左翼コンバート案」加速のナゼ

  3. 3
    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

    「BA.2.75」“ケンタウロス”流行によるコロナ第8波は8月末到来か 感染症専門医が予測

  4. 4
    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

    パンチ佐藤さんの“お酒の流儀”「熊谷組時代に身についた酒席マナーが役立っています」

  5. 5
    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

    岸田新内閣“統一教会汚染”にダンマリの傲岸不遜 閣僚軒並み「無回答」でSNS大炎上!

  1. 6
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  2. 7
    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

    AIが分析「コロナにかからない人が食べているもの」発症リスクの高い食品もチェック

  3. 8
    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

    水卜麻美、藤井貴彦…キャスターが次々コロナ感染 “緩みっぱなし”の情報番組スタジオ裏

  4. 9
    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

    20歳のルーキー岩井千怜が笑顔の初Vも…国内女子ツアーが抱える“ベテラン不在”の深刻度

  5. 10
    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?

    高校野球の監督は「甲子園出場で御殿が建つ」って本当? どれだけ稼ぐ?