渋野日向子イーブン15位T発進も…全米女子プロ“真の敵”はタフなコースと同組の飛ばし屋

公開日: 更新日:

【KPMG全米女子プロ】第1日

 直近5戦で4回も予選落ちと成績低迷の渋野日向子(23)。初日は、3バーディー、3ボギーの72で回りイーブンパー15位タイ。まずまずのスタートだった。

 今大会はPGA・オブ・アメリカ(全米プロゴルフ協会)と共同でコース設定が行われ、総距離は6500ヤードを超えて女子プロにはタフだが、毎年スコアが伸びることで知られる。

 過去5年の優勝スコアは2017年13アンダー(6588ヤード・パー71)、18年10アンダー(6741ヤード・パー72)、19年9アンダー(同)、20年14アンダー(6577ヤード・パー70)、21年19アンダー(6831ヤード・パー72)だった。ところが渋野は20年11オーバー・58位、21年1オーバー・40位。予選落ちこそないが一度も優勝争いに絡んでいない。

 今年の舞台は男子の全米オープンが3度開催された難コースで、昨年大会よりも距離がさらに伸びている。飛ばしてなおかつフェアウエー(FW)キープが鉄則。うねる大きな高速グリーンの攻略にはできるだけ短い番手での高弾道ショットが要求される。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

    弟子の稽古より“政治活動”にご執心だった…“パリピ”白鵬の指導熱心はどこまで持つのか

  2. 2
    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

    ニデック(下)カリスマ経営者が自動車メーカーのEVシフトを読み違えて大きく躓いた

  3. 3
    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

    小池都知事「学歴詐称疑惑」再燃 衆院東京15区補選“アウト”…「女帝」頼みの岸田首相も打つ手なし

  4. 4
    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

    中森明菜は20年前の「アンタ、仕事やめたほうがいいよ」の言葉を噛みしめてほしい

  5. 5
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  1. 6
    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

    「間違いなく負担は増えている」 大谷が世界に向けて警鐘を鳴らすMLB時短策の弊害

  2. 7
    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

    打率1位の岡本と同5位の坂本 Wコンバートが示す巨人阿部監督の深謀遠慮

  3. 8
    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

    大谷絶好調の裏にMLBとドジャースの「特別扱い」…異例のバックアップ体制で打率.345

  4. 9
    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

    ニデック(上)在籍2年のソニーグループ出身・岸田光哉副社長を社長に起用した理由

  5. 10
    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情

    大谷翔平はカネを引っ張れる“最大のツール”…MLBが賭博醜聞にさっさと幕引き図る複雑事情