六川亨
著者のコラム一覧
六川亨サッカージャーナリスト

1957年、東京都板橋区出まれ。法政大卒。月刊サッカーダイジェストの記者を振り出しに隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長を歴任。01年にサカダイを離れ、CALCIO2002の編集長を兼務しながら浦和レッズマガジンなど数誌を創刊。W杯、EURO、南米選手権、五輪などを精力的に取材。10年3月にフリーのサッカージャーナリストに。携帯サイト「超ワールドサッカー」でメルマガやコラムを長年執筆。主な著書に「Jリーグ・レジェンド」シリーズ、「Jリーグ・スーパーゴールズ」、「サッカー戦術ルネッサンス」、「ストライカー特別講座」(東邦出版)など。

水沼貴史・宏太父子の「韓国戦が代表初ゴール」は真夏の夜の夢に終わった

公開日: 更新日:

 日本代表の4大会ぶり2度目の優勝で幕を閉じたEAFF東アジアE-1選手権。最終戦となった韓国戦は、序盤から国内組で構成された日本が押し気味に進めると後半4分、ボランチの藤田譲瑠チマのクロスを身長166センチのFW相馬勇紀がヘッドで決めて先制。相馬は後半19分にも左CKから左SB佐々木翔のゴールをアシストする。

 そして後半27分には中学、高校時代をJFAアカデミー福島で過ごした右SB小池龍太の右クロスを1トップの町野修斗がフリーで押し込んで韓国を突き放した。相馬と町野は大会通算3ゴールで得点王に輝き、2アシストもマークした相馬が大会MVPを獲得した。

■父・貴史氏は初代アイドルだった

 そんな日韓戦で注目したのが、最年長32歳で初の代表入りを果たしたFW水沼宏太だった。

 水沼の父親である貴史氏は、浦和南高時代に全国高校サッカー選手権で優勝。高校サッカーが生んだ<初代アイドル>でもある。法政大では総理大臣杯に2度優勝。1979年に日本で開催されたワールドユース選手権(現U-20W杯)では、日本唯一のゴールをメキシコ戦で記録した(優勝したのはディエゴ・マラドーナ率いるアルゼンチン)。

 大学卒業後は日産自動車に入り、当時の加茂周監督(元日本代表監督)は「ベンチから見ていて、言わなくても交代で出場したら何をすべきか知っているクレバーな選手」としてスーパーサブ的な起用が多かった。

 賀茂監督は、右ウイングのポジションを争っていた木村和司氏をゲームケーカーにコンバート。右ウイングに定着した貴史氏は、左ウイングの金田喜稔氏とともに攻撃的なチームを牽引。天皇杯や日本リーグなど2年連続して三冠を達成するなど日産の黄金時代を築いた。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

    ダルビッシュ「サイドスローで日本ハム復帰」の可能性...かつて本人が語った“最悪最後、中継ぎも面白い”

  2. 2
    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

    秋篠宮家が迫られる“悠仁さま広報戦略”の一手…急成長の宮内庁インスタと愛子さま人気で注目

  3. 3
    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

    TM NETWORKデビュー40周年ツアーが千秋楽 生きる伝説3人でも直面する「老い」の現実

  4. 4
    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

    ダルビッシュ「日本ハムドラ1入団」の舞台裏…巨人が寝技で“4位指名画策”していた衝撃

  5. 5
    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

    「天皇になられる方。誰かが注意しないと…」の声も出る悠仁さまの近況

  1. 6
    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

    ダルビッシュの根底にある不屈の反骨精神 “強いチームで勝ちたい大谷”との決定的な違い

  2. 7
    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

    自民“裏金”衆院議員44人の「新選挙区」はココだ! 政倫審拒否した全員を落選させるしかない【表付き】

  3. 8
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9
    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬の死と自身の不調

  5. 10
    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった

    入団直後から“普通でなかった”思考回路…完封を褒めても「何かありましたか?」の表情だった