カブス鈴木誠也への逆風強まる…総額100億円超ルーキー成績さえず、ファンは厳しい視線

公開日: 更新日:

 カブスの鈴木誠也(28)に、目の肥えたシカゴのファンからはシビアな視線が向けられているという。

 渡米1年目の今季は開幕から9戦連続安打を放つと、12試合連続出塁もマーク。4月のナ・リーグ月間最優秀新人にも選ばれ、5年総額100億円超の大型契約で入団した面目は保ったかに見えた。

 しかし、5月には当たりが止まり、同26日のレッズ戦で左手薬指を突き指して1カ月以上も戦列を離れた。7月上旬に復帰し、8月21日のブルワーズ戦で本塁打を2ケタに乗せたものの、打率は2割台半ばと低迷し、メジャーの壁に阻まれている。

 広島時代は球種ごとの得手不得手はなかったものの、メジャーではスライダーやチェンジアップを打ちあぐねるケースが目立つ。

「球種やコースの見極めができていないのか、打席で戸惑うことも珍しくありません。長打が出やすいとされる打球の速度と角度を組み合わせたバレル率が低いことからも明らかなように、長打が少ない。大型契約で迎えられただけに、カブスファンは最低でも25本塁打は期待していたはずで、故障で離脱したことを差し引いても、日本人ルーキーに物足りなさを感じているはずです」(大リーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏)

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

    広瀬すずや橋本環奈らがこぞって…ギャラも高くない舞台に人気女優が出演するメリット

  2. 2
    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

    元ロッテ村田兆治容疑者 羽田空港で暴行逮捕…引退後もあちこちで目立った傍若無人ぶり

  3. 3
    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

    爆笑問題・太田光はなぜ嫌われる? 「まるで独演会…」“MCとしての姿勢”に疑問の声

  4. 4
    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

    赤ん坊が失明を免れた!SNSの投稿動画で異常に気づいた英検眼医の慧眼

  5. 5
    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

    安倍氏国葬“4割欠席”の大誤算…「何のため?」の声さらに高まり内閣支持率“奈落の底”へ

  1. 6
    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

    あるぞ大谷翔平「40本塁打・100打点・100得点」の大台 カモ2チームとの対戦でフル回転

  2. 7
    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

    秋ドラマはシリーズもの圧勝か? 若手俳優を起用し何を作ってもヒットしない惨状

  3. 8
    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

    西武・山田遥楓の素性と評判 妻が同僚・源田の元アイドル妻への誹謗中傷騒動

  4. 9
    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

    福山雅治9年ぶり「ガリレオ」シリーズ復活の裏の“打算”…映画「沈黙のパレード」公開中

  5. 10
    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも

    安倍元首相の政治資金「ズサンな使い道」の記録 デタラメ領収書は3年分で1000枚にも