著者のコラム一覧
元川悦子サッカージャーナリスト

1967年7月14日生まれ。長野県松本市出身。業界紙、夕刊紙を経て94年にフリーランス。著作に「U―22」「黄金世代―99年ワールドユース準優勝と日本サッカーの10年 (SJ sports)」「「いじらない」育て方~親とコーチが語る遠藤保仁」「僕らがサッカーボーイズだった頃2 プロサッカー選手のジュニア時代」など。

米国戦で注目したい南野拓実と堂安律を直撃! 2人が心情と決意を語った

公開日: 更新日:

 カタールW杯前最後の強化の場となる9月の欧州遠征。その初戦となる23日の米国戦が目前に迫った。

 6月の代表試合4連戦では2日前まで報道陣に練習を公開していた森保日本だが、さすがに本大会が2カ月後に迫った今は警戒ムード。21日からは冒頭15分を除いてクローズにし、入念に戦術の落とし込みを行った模様だ。 

 そこで気になるのが、攻撃陣の陣容。20日の練習では4-2-3-1を試していたが、背番号10・南野拓実(モナコ)は従来通り、左サイドでの先発が有力視される。

 直近18日のスタッド・ランス戦で新天地初ゴールを奪った男は代表でも存在感を示せるのかーー。

■米国戦を前に戦術を入念に落とし込んだ

 現地は21日も快晴に恵まれ、最高気温17度というのも前日とほぼ同じだ。筆者は日本時間の午後に2件のオンライン取材が入っていたので早朝6時に起床。2時間以上、喋り続け、さすがに疲労困憊となった。

 コロナ禍以降、リモート環境が発達し、場所に関係なく取材や会議ができるようになった。それはありがたい限りではあるが、逆に仕事に忙殺されるのも事実。コロナ前にはなかった状況に驚きを覚えるとともに、テクノロジーの進化の善し悪しを再認識させられた。

 日本代表の練習は現地午後3時から。それまでに別の仕事を片付け、徒歩20分かけて現地に向かった。通いも3日目ともなれば、道のりも慣れたもの。道すがらに会った記者仲間から「電動キックボードがレンタルできる」と聞かされ、少し心惹かれたが、速度を上げて歩くのは健康にいい。爽やかな空気も心地良かった。

 自分のグランド入りとほぼ同時に選手バスが到着。30人の選手が次々と下りてきた。特に機嫌が良かったのはフィールドプレーヤー最年長の長友佑都(FC東京)。「こんにちは!」と元気よく挨拶してくれた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    都知事選敗北の蓮舫氏が苦しい胸中を吐露 「水に落ちた犬は打て」とばかり叩くテレビ報道の醜悪

  2. 2

    「アッコにおまかせ!」存続危機 都知事選ミスリードで大炎上…和田アキ子には“75歳の壁”が

  3. 3

    ロッテ佐々木朗希「強硬姿勢」から一転…契約合意の全真相 球団があえて泥を被った本当の理由

  4. 4

    仁義なき「高校野球バット戦争」…メーカー同士で壮絶な密告合戦、足の引っ張り合い、広がる疑心暗鬼

  5. 5

    小池都知事が3選早々まさかの「失職」危機…元側近・若狭勝弁護士が指摘する“刑事責任”とは

  1. 6

    石丸伸二氏に若者支持も「上司にしたくない?」…妻や同級生の応援目立った安野貴博氏との違い

  2. 7

    東山紀之はタレント復帰どころじゃない…「サンデーLIVE‼」9月終了でテレビ界に居場所なし

  3. 8

    《クソ映画でした》…「海猿」原作者が苦悩を告白 主演の伊藤英明が放った失礼すぎる一言

  4. 9

    なぜ大谷はチャンスに滅法弱くなったのか? 本人は力み否定も、得点圏での「悪癖」とは

  5. 10

    西武・渡辺監督代行に貧打地獄を直撃!「ここまで打てないほど実力がないとは思ってない」とは言うものの…