“アジア最強”イランがイングランドにフルボッコ…日本サポ悲鳴、「森保Jにも衝撃」と専門家

公開日: 更新日:

 “アジアの雄”が完膚なきまでに叩きのめされた。

 21日に行われたイランーイングランド戦。序盤からイングランドの猛攻にさらされたイランは前半だけで3失点。後半に入っても3失点とイングランドのゴールラッシュになす術がなかった。PKを含む2点を返したものの、時すでに遅し。終わってみればボール支配率はたったの20%。FIFAランク5位の欧州強豪を前に手も足も出なかった。

 イラン国民は目を覆いたくなる結果だったかもしれないが、日本も対岸の火事ではない。FIFAランク24位の日本に対し、イランは同20位の”アジア最強“。格上が完敗したことで、日本サポーターにも動揺が広がっている。

《日本いけるくね? って思ってたけど、アジア強国のイランがボコられてて絶望してる》《日本より強いアジア最強のイランがボコボコにされてるのを見て真顔になってる》《日本もこんな感じになるかもな》と、今後の展開を悲観する投稿が続発している。

 日本のE組にはドイツ(同11位)、スペイン(同7位)が含まれる。FIFAランク上位10か国の実力差は拮抗していて、両国はイングランドと同格だ。

「ドイツ戦を控えた日本代表も衝撃を受けているでしょう」とは、ワールドサッカーグラフィック元編集長の中山淳氏。

 日本の初戦、ドイツ戦は日本時間の23日午後10時にキックオフ。ファンだけではなく、日本代表にも重くのしかかるような一戦だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

    TKO木本武宏“投資トラブル”関係者が不審死…首謀者が有名芸能人の娘と交際、被害額30億円超に拡大の噂

  2. 2
    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

    加藤浩次の次は谷原章介がさようなら?「めざまし8」での“失言”が命取りになりかねない

  3. 3
    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

    「X JAPANはどうなる?」YOSHIKIの肩透かし“重大発表”にファンはガッカリ…

  4. 4
    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

    奴隷根性の表れか、尊い行動か…W杯日本人サポーターの“ゴミ拾い”めぐりSNSで場外乱闘

  5. 5
    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

    「煽り」「乗っかり」「釣り」も不発に終わり…不登校YouTuberゆたぼんの今後をファン憂う

  1. 6
    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

    総工費30億円・秋篠宮邸の改修コスト問題があがるが…“将来の皇太子”悠仁さまに引き継がれる妥当感

  2. 7
    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

    SNSにあふれる団塊ジュニアの悲哀ツイート…「こんな世の中に誰がした」

  3. 8
    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

    「替え玉受験」横行する中で…京大卒・関西電力エリート会社員が目をつけられた理由

  4. 9
    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

    ブラジルの英雄ネイマール“専売特許”過剰演技を封印!W杯の長すぎるロスタイムで世界が注目

  5. 10
    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由

    前回大会も1次リーグで全滅…カタールW杯でも白星ゼロのアフリカ勢が精彩を欠く理由