伊東vsラウム、久保vsキミッヒ…日本vsドイツのカギを握る両サイドの“ガチンコ対決”を占う

公開日: 更新日:

 20日にカタールW杯が開幕し、開催国カタールが南米予選4位のエクアドル代表と対戦。主軸選手は国内リーグ参戦を免除され、代表活動に専念して準備万全のはずだったカタールが、0-2で完敗するという<想定外の幕開け>となった。大会2日目の21日から本格的に日程がスタート。森保ジャパンは23日、E組初戦で強豪ドイツと対戦する(日本時間午後10時キックオフ)。W杯制覇4回の優勝候補を相手に日本代表は勝ち点3を獲得できるのか、粘ってドローに持ち込んで勝ち点1を拾うのか、それともレベル差を見せつけられて大惨敗を喫するのかーー。ドイツサッカー協会の最上級ライセンス「S級」を取得し、ブンデスリーガ1部(現2部)アルミニア・ビーレフェルトでヘッドコーチを務めた鈴木良平氏に「勝敗のカギを握る日本代表の主軸選手とドイツ代表のキープレーヤーとの直接対決=マッチアップの行方」をシミュレーションしてもらった。

■伊東がラウム不在の右サイドを攻めれば得点のチャンス

 伊東純也(29)はW杯アジア地区最終予選で日本代表最多となる4得点(2アシスト)をゲット。7月にフランス1部のスタッド・ランスに移籍。レベルの高い新天地でチームに即座にフィットして4得点・1アシストと八面六臂の活躍ぶりだ。

 そんな伊東と相対するのが、不動の左サイドバックのラウムである。

 1部ライプツィヒに所属する24歳。左サイドをエネルギッシュにアップダウンしながら、タイトな守備と効果的な攻め上がりを見せる。

「伊東はトップスピードを維持した状態で相手選手をかわし、そのまま質の高いラストパスを供給していく。左サイドからのクロスの対応能力も素晴らしく、シュート態勢に持ち込めるポジションにスッと入ってシュートを決める能力も高く、ペナルティーエリアの外からのミドルシュートの威力も高い。対するラウムは、手堅い守備力の持ち主で1対1の局面での強さが光る。足元のテクニックもあり、機を見るに敏な攻撃参加も得意としている。相手にボールが渡った際、伊東はラウムにプレッシャーをかけ続け、攻め上がりを阻止するという役目も担っている。日本エリアへの進入を許したとしても、マイボールになって<ラウム不在の右サイド>を伊東が攻め入れば、日本にとっては大きな得点チャンスとなる」(鈴木氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」