選手村「段ボールベッド」の神話崩壊…“夜の濃厚接触”でも「壊れない」と海外選手が動画投稿

公開日: 更新日:

「エッチができないだって? 確かに段ボールで作られているけど、激しく動くと壊れてしまうなんてウソ。明らかに大丈夫だよね」

 ベッドの上でぴょんぴょん跳ねながら、ご機嫌に語るのはアイルランド男子体操代表のリース・マクレナガン選手(22)。18日に滞在中の東京・晴海の選手村から自身のツイッターに投稿した動画のひとコマだ。

 2年前の世界選手権で同国代表として初めて銅メダル(あん馬)を獲得。東京五輪でもメダルを期待されているだけに、さすがの跳躍力だが、“鳥人”ぶりを発揮したのにはワケがある。

「選手村では選手同士の“濃厚接触”を防ぐため、1人分の重量しか耐えられない『性行為不可』のベッドを導入している」――。そんな噂を払拭するためだ。

 入村した米代表の陸上選手が17日に段ボールベッドの写真と共に「性行為不可」の推論をツイートすると、瞬く間にSNS上で「アンチセックスベッド」の見立てが拡散。米国版「ヤフーニュース」なども取り上げる騒ぎとなっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  2. 2

    五輪開会式やはりブーイング噴出、パクリ批判まで…米国でも視聴率最低で閉会式は大丈夫?

  3. 3

    【競泳】大橋悠依は金メダル、瀬戸大也は予選落ち…男女エースの明暗を分けた指導者の差

  4. 4

    菅首相が金メダル第1号選手に祝福電話も…「人気取り狙い」バレバレで逆効果

  5. 5

    選手村が五輪中スカスカに? 米国体操チーム“脱出”に組織委は弱腰…今後も続出か

  6. 6

    日本人の「知性低下」を露呈した東京五輪…政治家も官僚も私利私欲に走る

  7. 7

    篠原涼子が市村正親との離婚で問われる「品格」…母より女優、“我が道を行く”も根強い批判

  8. 8

    小芝風花vs二階堂ふみ“ラブコメ対決”ともに大苦戦…既視感ありすぎ視聴者ドッチラケ

  9. 9

    菅首相がファイザーCEOを国賓級おもてなし ワクチン枯渇“土下座交渉”も思惑また外れ…

  10. 10

    【スケートボード】ストリート金・堀米雄斗の驚くべき稼ぎ!スポンサー10社以上、LAに豪邸購入

もっと見る