• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「最後の銭湯絵師」町田忍著

<銭湯のペンキ絵、その職人技を記録>

 銭湯のペンキ絵を専門に描く現役の絵師は全国でわずか2人。その2人、丸山清人氏と中島盛夫氏の仕事を中心に、著者が30年以上にわたって撮影し続けてきたペンキ絵の世界を紹介する写真集。

 銭湯のペンキ絵といえば富士山だが、実はこれは東京を中心とした地域限定の風俗だという。

 その発祥は、大正元年に神田猿楽町の「キカイ湯」(廃業)の主人が、子どもたちに喜んでもらおうと画家の川越広四郎に壁に絵を描いてもらったのが始まりで、その際に静岡出身の川越が描いたのが富士山だったのだ。最盛期の昭和43年には都内の銭湯約2600軒の半数にペンキ絵が描かれていたというが、現在ペンキ絵がある銭湯はわずかに230軒ほど。

 一口に富士山のペンキ絵といっても、富士山と石川県珠洲市の見附島がコラボレーションした架空の風景(大田区「一乃湯」)が描かれていたりと、銭湯によって構成は変わり、両氏それぞれの個性がにじみ出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  6. 6

    3年ぶり減益予想 企業業績の悪化がアベノミクスのトドメに

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  9. 9

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  10. 10

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

もっと見る