「最後の銭湯絵師」町田忍著

公開日: 更新日:

<銭湯のペンキ絵、その職人技を記録>

 銭湯のペンキ絵を専門に描く現役の絵師は全国でわずか2人。その2人、丸山清人氏と中島盛夫氏の仕事を中心に、著者が30年以上にわたって撮影し続けてきたペンキ絵の世界を紹介する写真集。

 銭湯のペンキ絵といえば富士山だが、実はこれは東京を中心とした地域限定の風俗だという。

 その発祥は、大正元年に神田猿楽町の「キカイ湯」(廃業)の主人が、子どもたちに喜んでもらおうと画家の川越広四郎に壁に絵を描いてもらったのが始まりで、その際に静岡出身の川越が描いたのが富士山だったのだ。最盛期の昭和43年には都内の銭湯約2600軒の半数にペンキ絵が描かれていたというが、現在ペンキ絵がある銭湯はわずかに230軒ほど。

 一口に富士山のペンキ絵といっても、富士山と石川県珠洲市の見附島がコラボレーションした架空の風景(大田区「一乃湯」)が描かれていたりと、銭湯によって構成は変わり、両氏それぞれの個性がにじみ出る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  3. 3

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  4. 4

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  5. 5

    深まる亀裂…対韓「経済制裁」強行で偽装アベノミクス自爆

  6. 6

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  7. 7

    何があったのか…嵐「活動休止」櫻井翔の“予告”と複雑背景

  8. 8

    あのジャニーズが“バーチャルアイドル”2.19デビューの衝撃

  9. 9

    かつては“お荷物”…山下智久が引き寄せた仕事運と信頼

  10. 10

    「こりゃめでてーな」伊藤こう大が語る“破滅的”貧乏生活

もっと見る